ドコモ版SO-02Jは11月2日に発売開始されることがドコモからアナウンスされたXPERIA X Compactですが、先行して発売されているグローバルモデルのF5321に最初のアップデートが配信されています。

今回配信されたファームウェアのビルドナンバーは34.1.A.3.22となります。初回リリース時のビルドは34.1.A.1.198なので大幅なバグ修正が行われている可能性があります。

ただし現在このビルドを配信しているのは一部のリージョンのみとなります。うちの子はCustmoized HK(香港向けモデル)なのですが現時点ではこのビルドの配信はされていません。

配信されていないリージョン向けモデルにも大きなバグフィックスが行われていれば近いうちに配信されるはずですが、どうしても待てないのであればFlashtoolsリージョンを書き換えてしまう方法もあります。ただし書き換えを行った場合メーカー保証やショップ保証は基本的には受けられなくなるはずですので書き換えは自己責任でよろしくお願い致します。

またアメリカ向けファームを焼くと指紋認証機能が無効化されますので焼くのであればアメリカ以外のリージョンを選択する必要があります。

広告