XPERIA Xシリーズに搭載されているスマートクリーナーがどういうタイミングでクリーンアップしてるのかいまいちわからない

2016年前半に発表されたXPERIA Xシリーズ以降から自動的にメモリ解放やキャッシュクリアを行ってくれる「スマートクリーナー」という機能が実装されています。
最近の端末では特にこの機能は珍しいものでもなく、例えばHTCはHTC 10以降「Boost+」というアプリを標準搭載していますし(こちらは単体アプリとしてHTC以外の端末でも導入可能。レビューはこちらになります。)SamsungのGalaxyでもS6以降「スマートマネージャー」という機能を内蔵するようになったので特に珍しいものではないのですが、これでサードパーティ製の最適化ツールを入れなくてすむので個人的には助かっています。(特にGoogle Playランキング上位のClean Masterや360 Securityはソフトのダウンロード誘導広告が非常に香ばしかったりするのが目立つので…)

ただスマートクリーナーの場合確かに状況に応じてメモリ解放やキャッシュのクリーンアップは行ってくれているようなのですが、他の同様ツールのように手動でこれらの作業を行うことができない上にどういうタイミングでキャッシュファイルを削除してるのかわからないのは欠点かなぁと思っています。出来ることはキャッシュを保持してほしいアプリを指定するのみ。

シンプルですしクリーンアップ作業をユーザーに意識させないというコンセプトなんでしょうが、もうちょっと分かりやすかったら…というのが正直な感想でしょうか。なおキャッシュクリアはAndroid標準のストレージ管理画面から手動で行えますが、これは別にAOSP準拠のAndroid OS搭載機でも出来るのでせめてメニューとして配置してほしいかなぁと思っています。

Nougat FW以降での改善に期待したいところです。

広告

1件のコメント

  1. ピンバック: グローバル版XPERIA X Performance/XZにAndroid 7.0 Nougatがリリース開始。UIの変更点はほぼなしに近い | XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中