au版Galaxy S5 SCL23にもようやく公式Cyanogenmod 14.1″Nougat”がリリース。さっそく入れてみました。

dsc_0274

au版Galaxy S5 SCL23もAndroid 7.1 Nougatの世界へ。

Android 7.1 “Nougat”世代のCyanogenmodとなるCyanogenmod 14.1がリリースされ、ほかのGalaxy S5シリーズから遅れてようやく日本版Galaxy S5 SCL23向け(KLTEKDDI)にも公式Cyanogenmod 14.1 Nightly Buildがリリースされました。

グローバル版、日本向けSCL23&SC-04FともにSamsung公式ROMはAndroid 6.0.1″Marshmallow”が最終となりますが、少なくともCyanogenmod 14.x世代に関しては公式ビルドがリリースされるようでより長く使っていけそうですね。

早速手持ちのGalaxy S5 SCL23に導入してみました。基本的にODINでTWRPを導入してそこからいつも通りCM14.1本体とGAppsを導入するだけですが、公式最終ROMのAndroid 6.0.1を導入した状態だとなぜかTWRPでmicroSDカードを認識しなくなるため、一度本体データをフルワイプしないとmicroSDカードにアクセスすることができませんでした。

SCL23に公式対応しているROMだけあって導入自体はすんなり完了。もう間もなくリリースされるマイナーアップデートバージョンのAndroid 7.1.1ではなく、AOSPでオープンソースコードが公開されているGoogle Pixelの初期バージョンであるAndroid 7.1ベースでまだ初期NightlyということもあってCyanogenmod独自の要素は未実装な部分も多いものの、ROM自体は非常に安定して動作しており、動作パフォーマンス自体も手持ちのNexus 5x(Android 7.1.1 DP2導入済み)と変わらないくらいサクサク動作しています。

ランチャーはGoogle Nowランチャーのほか、本来は現状Pixel向けにしかリリースされていないPixelランチャーも標準搭載されており、Galaxy S5 SCL23でもAndroid OSの最新バージョンで運用することが可能になります。

ただしあくまでROMとしてSCL23を公式サポートしているだけなのでそのままの状態では日本のガラケー機能が機能しませんし、KNOXカウンターも上がってしまいますが、どちらにせよ製品保証も切れてるでしょうしGalaxy S5をもう少し現役で使っていくのであれば導入してみてもいいと思います。SnapDragon 801がまだ性能的に十分なこともあり、Nougat世代でも公式でサポートされないのが残念なくらいサクサク動作してくれます。

BanggoodでGOLE1 32GBモデルがセール中。RAMが4GBに増量された模様

banggood_gole1

実は32GBモデルも微妙にマイナーチェンジされました

中華通販サイトのBanggoodでサイバーマンデーセールということで様々な商品が値下げされているのですが、GOLE1も対象になっていました。32GBモデルが20043円から値下げされて14973円で購入可能です。

リリース初期は32GBモデルは搭載RAMが2GBという構成だったのですが、現在出荷されているものは上位モデルのROM 64GBモデルと同様4GBに変更されたうえで販売されているようです。実は2ちゃんねるのGOLE1スレでも32GBモデルのRAMが4GBに上がったという情報はちょっと前から書き込まれてはいたのですが、あまり確証は持てなかったので特にブログなどでは取り上げていなかったのですが、正式に全モデルでRAM4GBに統一されたようです。

その分若干値段が上がった…というかGOLE1全体的に値上げしてねぇか!?(半年前は32GBモデルは1万前後、64GBモデルでもこの価格で購入できた)

ちなみに64GBモデルは21771円に値上げされています。定価だと価格差がなさすぎるので素直に64GBモデルを購入したほうが幸せになれると思いますが、どちらにしても日本で正規で販売してるのしてないのかよくわからないうえに技適を通してるわけでもないのに高い某代理輸入店で買うよりは大幅に安いうえにちんまいPC好きには本当にたまらない真のポケットPCですのでこの機会に是非。きっとあなたもGOLE1ファンになってはぴねす!!(意味不明)

やっぱりこの子はF-07Cの後継機やったんや…

・・・ちなみに普通に買うならBanggoodよりGearbestのほうが若干安かったりします。こちらも全体的に値上げされてますが、それでも2万未満で買えますし。

関連リンク

GOLE1 (RAM4GB/eMMC32GBモデル)

*セールは本日までっぽいのでお早めにどうぞ

 

 

ドン・キホーテが低廉なAndroidタブレット「カンタンパッド3」を発表。個人的にはお勧めしない

kantanpad3

ドンキホーテが「情熱価格」ブランドで展開しているオリジナルタブレット「カンタンパッド」シリーズの最新モデルである「カンダンパッド3」を突如発表し、昨日より販売開始になっています。1年間のスタッフによる電話サポートがバンドルされた低価格タブレットで、初代と後継モデルであるカンダンパッド2はSoCに低スペックすぎるAction ATM7021と512MB RAMと初代発売時点で少なすぎる構成にAndroid 4.4.2″KitKat”を搭載した微妙なモデルとなっていました。ちなみに初代に関してはうちも発売直後あたりに購入していてZIGSOW旧ブログのほうでレビューを書いています。正直初代が出た時点でNexus 7(2012)が中古市場価格1万を切り始めていたあたりだったにもかかわらず、中華タブ初期を思い出させるような汚いTN液晶を採用したことやActions ATM7021のパフォーマンスのアレさもあって「HDMIケーブルがバンドルされており、無償サポートが1年ついて入手しやすいということを除けば正直子供のおもちゃにしかならないのでNexus 7(2012)の中古を買ったほうが幸せになれる」というのが結論で、当時のワーストバイにもこの機種を取り上げたほど微妙な機種でした。後継機の2では若干スペックアップは果たしたものの、OTAアップデートでGoogle Playがなぜかふさがれるなどこちらも安いことと入手性のしやすさを除けば全くお勧めできない機種になっていました。

OSはMarshmallowになったが・・・

ちなみにスペックは以下の通りとなっています。相変わらず搭載SoCは実機を買うまで型番すら明かさない仕様になっています。

OS:Android 6.0.x”Marshmallow”

SoC: クアッドコア 1.3Ghz(詳細不明)

RAM: 1GB

ROM: 8GB

ディスプレイ: 7インチ 1024×600

ネットワーク: 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0

カメラ: リア300万画素、フロント300万画素

バッテリー: 2500mAh

サイズ: 190.4×108.4×10.5mm/274g

搭載SoCがクアッドコア(繰り返しになりますが実機を買うまで詳細不明)化したことに伴い搭載RAMが1GBに、搭載OSがAndroid 4.4.2からAndroid 6.0.xに変更になり、新たにリアカメラが搭載されるなど若干スペックアップした要素はありますが、それ以外の部分に関しては前モデルの2とほぼ変わらないスペックとなっています。

OSがKitKatからMarshmallowに変更されたことでこのバージョンで実装されているGoogle Now On TapやOSレベルで実装されたバッテリー節電機能「Doze」などの恩恵は受けられるようになったというメリットはあるものの、それ以外のスペックが初代や2と据え置きなので正直「微妙」であることには変わりがありません。本体価格は6980円ですが、これにもうちょっと積めば新品ではAmazonのFireが購入可能(プライム会員なら本機を下回る4980円で購入可能!!!)なほか、中古でもいいのならばカスタムROMでNougatへ行けるNexus 7(2012&2013)やQua Tabシリーズなどが低価格で購入可能で、さらに言えばそれらの機種のほうが本機よりも高性能です。技適がらみの問題はありますが中華タブでも1万未満のクラスのモデルはよっぽど古いモデルでもない限りこの機種よりも高いスペックの機種が購入可能です。

一応Google Playのサポートは復活しているようですがOTAでなぜか削除された2のようなケースが出ていることもあり、パーティや子供のおもちゃとしてのプレゼント用途ならともかくまともに使えるタブレットPCとして選びたいのであれば正直本機もあまりお勧めできないかなぁというのが正直な感想です。

関連リンク

公式プレスリリース

DAYTONA 3 Championship USA The Three Seven Speedway 1位完走動画。ゲームエンジンは1と共通なので初代Model2版通りの走り方が通用しそう

“Welcome To Victory Lane!You Made It!”

IAAPA 2016で展示されていた「DAYTONA 3 Championship USA」ですが、YouTube上でリメイク元の初代デイトナUSAの初級コースである「The Three Seven Speedway」のプレイ動画が公開されていました。

この方は初代もそれなりにプレイしていたのか”いつも通り”1位で完走し、グラフィックは変化したもののアングルから何からそのまんまなエンディングからネームエントリーの様子までがしっかりと確認できます。ちなみにこのコースのエンディングはサターン版テイクの「Rolling Start」。

「SEGA Racing Classic」とは異なりグラフィック自体は大幅に変化したもののゲームエンジン自体はModel2版のものそのままなようですのでオリジナルに収録されていた3コース(777、Dinasor、SeaSide)に関しては本当に”いつも通り”の攻略方法が通用するものと思われます。

ただし初代やDCでのリメイク移植版である「デイトナUSA 2001」で猛威を振るいっていたThree Seven Speedwayのピットロードショートカット(おそらく本来はバグでしょうが2011年にHD版がリリースされた際に公式テクニックとしてチャレンジシリーズに入ってしまった)が通用するかどうかは不明です。

繰り返しになりますが日本での稼働は不明ですが、ぜひとも稼働してほしいところですよね!!

メインPCをPavilion 15 p200からThinkPad x230にリプレースしました

dsc_0222

あまりにも早い感はありますが、9月に前メインPCであるGalleria QF840HEの突然死に伴い急遽リプレースしたhp Pavilion p200からLenovo ThinkPad x230へメイン機を本日急遽リプレースしました。

CPU世代としてはi7とはいえ現在利用しているPavilion 15のBroadwell世代のCore i5からSandy世代に下がってしまうとはいえ、メインPCを数ヶ月で変更する理由はいくつかあって

  1. 気づいたらメインPCで3Dゲームをそこまで動かさなくなったこと
    QF840HEからPavilion 15にリプレースしてから一気になえたのか、Originクライアントは入れてNFS HPとNFS MW(2012)は再インストールしたものの、気づいてみればそれらのゲームもほとんどプレイすることがなくなっていることに気づきました。その後のNFSRのアレ仕様に萎えてしまったのもあるんですが・・・
    前メイン機のQF840HEでもThe NFS(2016)以降はちょっと無理のある動作になってしまっていましたしそれなら別にBroadwellじゃなくてもよくね?と。
    つまりエロゲとWordPressの編集ソフトさえ動けばそれでよくなっちゃったんですよね。
    それでもCeleronやAtomモデルはあまりにあれなので避けたかったのですが・・・
  2. Pavliion 15の本体仕様としてメモリ増設が不可能なこと
    当初購入した際はRAM 8GBと記載されていたものの、起動したところ実際には4GB RAMモデルだったPavilion 15。当初は「足りなきゃ増設すりゃいいだろ・・・」と思っていたのですが、どうもこのモデルから現行モデルはメインRAMの増設が不可能な使用で無理やり分解してもメモリスロットが一個しかなく、結局8GB間でしか増設できない将来性を感じない仕様に一気になえてしまいました。GOLE 1やGPD WinであればそれでもいいのですがさすがにメインPCでRAM 4GBは少なすぎます。
  3. もはや5400rpmのHDDの遅さには耐えられない
    前メインPCのQF840HEはSSDの快適性を手に入れてすぐ逝ってしまい、Pavilion 15にリプレースしたことで1TBという大容量と引き換えに速度が大幅に落ちた5400rpmのHDDに逆戻りしてしまうことになったのですが、一度SSDを体験した身としてはこの、何をするにも一店舗待たされるクソ遅さは(メインPCとしては多いとはいえない4GB RAMも相まって)あまりに耐えられない。無理です。
  4. ThinkPad x230がGENO Mobileでリカバリなしとはいえi7/16GB RAM/180GB SSDという仕様でほどほど安かったこと
    ちょうど今年の初めに入手したMacBook Early 2008を手放すことに決めたことこともあってOS X搭載機がいなくなることもあり、Sandy~Haswell世代のi5搭載MacBook Airがほどほどの値段で購入できたこともあり、こちらにしようか迷っていたところ、GENO Mobileで本日たまたまThinkVantage System Recovery領域なし、使用感ありながらRAMが最大16GB間で増設済み、ストレージもSSD 180GBを増設したThinkPad x230が43000円とほどほどの安さで売っていたこともあって(ちょうどその直前にお酒を飲んでよっていた勢いもあるのですが)Twitterのフォロワーさんに聞きまくって迷った挙句結局この子をメインPCとして迎えることに決めました。

そもそもxシリーズは現在USBメモリブートで父のWEBブラウズ用Linux端末として稼動しているx40や気に入っていたものの、諸事情で手放したかつてのサブ機x61s時代から好きだったことや将来の拡張性の高さ(ThinkPadは昔からHDD/SSDの換装がしやすい)、モバイルとしても持ち歩けるメイン機に切り替えたかったことからCPUの世代が2世代下がったとはいえCeleronやAtomモデルのように極端に下がったわけでもなく、腐ってもi7なので十分高性能なこともあり、特に乗り換えたことに不満はないかなぁという印象です。

正直キーボードのうち安さも相変わらずThinkらしいしっかりしたつくりでこちらのほうが好きですしね。個人的にはいい買い物をしたかなぁと思っています。

wallpaper_x230

余談:この後Win7ProからWin10Pro(RS1)にあげています。Win7プリインストールモデルってUEFIブートが無効化されて旧来のBIOS互換モードがデフォルトなんですねorz

壁紙はもちろん#はぁ凪たん!!!!

ドラゴンボール超・未来トランクス編が本日完結。なんでこんな終わり方にした

原作で救われたはずの未来は結局消滅。これでいいのかトランクス

本日放送された回をもって「ドラゴンボール超」のオリジナルエピソードである「未来トランクス」編が終了しました。

ドラゴンボール超自体前半は劇場版(神と神、復活のF)をTV用に再構築したエピソードが続いており、新鮮味が感じられなかった中で「Z」の人造人間セル編以降久々の登場となる未来トランクスがメインとなったエピソードだったこと、界王神であるゴワス様とザマス様が魅力的だったのもあって楽しんでみていたのですが、それだけに今回の終わり方はいまいち納得がいかないというかなんというか・・・

dbsuper

前回で人間的にも成長した未来トランクスが生き延びた人々の思いを込めた一撃でザマス様を撃破したところまではよかったのですが、そのあとの展開が

「ついに発狂したザマス様(セリフを話す理性すら失い三木眞一郎ボイスでバカ笑いするだけのマジキチに)が地球を覆いつくして生き延びていた人間を(悟空たち以外)全員滅ぼす(久々に登場したハッチャンやヤジロベエもここで死亡)→トランクスの時間枠の全王様が登場「こんな世界、消えちゃえ!」→人造人間やセルから救ったはずの時間枠が消滅→みんな死んじゃったけど別の時間枠で不死身になる前のザマス様を倒せばいいじゃん!この時間枠のトランクスとマイもいるから2人づつになっちゃうけど、死んじゃったみんなは生きてるからそれでいいよね!!」

という内容でこれバッドエンドなんですよね…原作で救った世界をわざわざ破壊して、別時間枠でザマス様倒せばブラック(=悟空の体を乗っ取ったトランクスの時間枠のザマス様)に殺されたブルマやほかのみんなも生きてるしそれでいいよね…というのは違うというか、そもそもその時間枠の人々はトランクスやマイの知ってる彼らではないわけで…

どこかで間違ってしまっただけで改心の余地が大いにあったザマス様が結局発狂して悪人のまま終わったのも残念。ゴワス様も最後まで彼を救うことができなかった後悔も抱いたままだったようですし…

前回の終わり方で終わっていれば素敵だっただけに今回なんでこんな蛇足なシナリオにしてしまったのか、非常に残念でなりません。というか少なくとも漏れが見たかったのはこんな終わり方じゃない。

というかトランクス的にはこの結末で本当に納得してるのでしょうか…

 

あとトランクスとマイが2人存在すると簡単に言うしそもそもザマス様二人が合体したり全王様x2が友達になったりやりたい放題ですが漏れが言いたいのは

bttf

XPERIA X Compact F5321に11月のセキュリティパッチを含んだ新ビルド34.1.A.3.49リリース。

11月のセキュリティパッチが適用された34.1.A.3.49がリリース

xperia_fw_1

グローバル版XPERIA X Compact F5321の一部リージョン向けに11月のGoogle最新のAndroidセキュリティパッチを含んだ最新FWビルド「34.1.A.3.49」がリリースされています。リリースされているリージョンのXPERIA X CompactはOTA経由、あるいはPCの「XPERIA Companion」で更新可能なほか、XPERIA向けファームウェア書き換えツール「FlashTools」に含まれている「XPERIFirm」でFTFイメージを直接ダウンロードすることも可能です。

ただし例の通りすべてのリージョン向けにリリースされているわけではないので注意が必要です。

やはり無視される香港向けF5321

xperia_fw_2手持ちのXPERIA X Compact F5321は香港リージョンのモデルなのですが、上記の通り現時点では前回の後身である34.1.A.3.22すら降ってきておらず、いまだに初期出荷ストックFWの34.1.A.1.198で止まったままになっています。グローバル版XPERIAを使うのは以前所有していたXAが初めてで、XAも香港リージョンで更新がいまいち遅かったような覚えがあるのですが、香港向けリージョンはいつもこんな感じなのでしょうか…

もちろんFlashToolsを使えばリージョンを書き換えることもできますが、一応端末自体の保証(日本で受けられるかは別にして)と中古販売元のイオシスさんの保証もまだ残っているので気持ちとしてはあまりFWのリージョン書き換えはやりたくないのですが、もしかするとNougatのリリースまで香港リージョンは34.1.A.1.198で放置されるのでしょうか。

セキュリティホールがGoogleのセキュリティパッチで修正される安心感も含め香港向けF5321にも早いところ最新のファームウェアが降ってきてほしいところですが…