XPERIA X Compact F5321を危うく大破させかけた件で感じた保護ケースとガラスフィルムの必要性について

シリコンジャケットとガラスフィルムを張っていなかったら間違いなくアウトだったが、つけていたおかげで無傷で生還

昨日車で出かけて帰宅した際、車から出るときに誤ってTronsmart Presto+(モバイルバッテリー)と一緒にXPERIA X Compactを落下させてしまいました。しかも下は砂利道。

legacy.jpg

あぁもうこれ最悪液晶割れたかな…前日GPD WinのUEFIファーム飛ばしたばかりなのにXcまで逝ってしまったか…と思ったのですが、奇跡的に装着していたガラスフィルムが割れた程度で済みました。

img_20161031_172516

しかも落ちた位置が浅かったのと正面から接触したのが幸いして割れたのは本当に液晶ガラスフィルムのみでカバーしきれていなかった部分の液晶や装着していたシリコンジャケット、本体筐体すべてが無傷で済みました。国内版SO-02J用の日本国内メーカー製ガラスフィルムとケースが出回ってから購入しようとも思っていたのですが先にグローバル版向けにリリースしていた中華製シリコンジャケットとガラスフィルムを購入して装着しておいたおかげで奇跡的に無傷で済みましたが、これが裸運用だったらと思うとぞっとします。

DSC_0558.jpg

ちょうどウィンタブさんのほうで「ゴリラガラス搭載機が増えた今だからこそ考えるガラスフィルムの必要性」というネタで記事を書こうと思っていたのですが、こんなタイミングでネタができてしまいました。よっぽど廉価なローエンド機でもない限り近年ゴリラガラス搭載機は増えましたが、傷つくときは傷つくのとこういったケースも想定して個人的にはガラスフィルムを装着したほうが安心して使えると思います。(中にはガラスフィルムではなくその下の本体液晶ガラスが割れたなんて言うまれなケースもあるようなのでそれでも100%安全というわけではないですが…)

ちなみに上記液晶われXPERIA ZL2の写真はうちの端末ではなくかつての弟の端末なのですが、これは裸運用で落下させて液晶が逝ってしまったという最悪のケースになります。今回のXcも最悪こうなってた可能性があることを考えると…

DSC_0065.jpg

ちなみに後述するELECOM製のガラスフィルムを装着しなおす際にひびが入ったガラスフィルムを外したところ、役目を終えたとばかりに上記のように完全に割れました。安価なガラスフィルムですが製品としては非常に優秀だったと思います。

結局SO-02J向けケースとガラスフィルムを購入しなおし

dsc_0064

割れた液晶ガラスフィルムを使うのは指を切る可能性もあってあまりよろしくないので仕事前に急きょヤマダ電機でガラスフィルムを購入してきました。一応ケースは前述の通り無傷だったのですがついでに国内メーカー製TPUジャケットも買いなおすことに。国内版発売が明日なので陳列前の状態でケースに入っていたのですが、店員さんに頼んだら商品のほうを出してもらえました。ガラスフィルムのほうはELECOM製のものを、ケースはラスタバナナ製のTPUケースを購入しました。国内ドコモ版SO-02J用ですがもちろん同じX Compactですのでグローバル版F5321でもそのまま使えます。

img_20161101_013122

ガラスフィルムのほうは割れてしまった中華製ガラスフィルムとは異なり2.5DデザインとなったXPERIA X Compactの液晶をきちんと全部カバーしてくれるタイプとなります。両端がちゃんとXPERIA X Compact本体の液晶部にぴったり合うよう湾曲してくれており、以前のガラスフィルムよりより完全な形で液晶全体を保護してくれます。装着感もぴったりです。

ただ先行して発売しているのがおそらくユニバースブラックを前提にしている、フレーム部がブラックになっているタイプで、これをミストブルーの本体に装着するとXPERIAというよりはARROWS Compactっぽい見た目になってしまうのが気になる人は気になるかもしれません。一応ブルーも後ほど追加されるようなのでどうしても同じ色じゃないと嫌な人はそちらを待ったほうがいいと思います。ただ個人的にはこれはこれでいい感じになったので気に入っています。

img_20161101_013135ケースのほうは1.2mmの厚めのタイプで、衝撃吸収タイプということで安心して使えそうです。カメラの保護という意味では最初に購入した中華製TPUケースのほうが理想通りに近いのですが、装着感自体は日本のメーカー製らしくこちらのほうが装着しやすかったです。

また上記動画はXPERIA XZでのスクラッチテストの例ですがレンズガラスについては今回傷がつきづらいような設計になってる(レンズガラスにもゴリラガラスを採用?)のとXcの場合筐体がプラスチック製ということもあってそこまで気にする必要はないかもしれません。

長く使いたいからこそ

今回のXPERIA X Compactも以前のメイン端末たち(Huawei STREAM X GL07S/Huawei STREAM S 302HW/XPERIA X Compact SO-02G)と同じくらい長く使っていきたいと思っているだけに今回の件はかなりへこんではいるのですが、逆に言うと今回の件でより一層裸運用の危険性が身に沁みました。もちろんデザイン性を損ねるから裸のほうがいいと考える人も多いでしょうし、液晶部に関しても通常利用であれば傷つきづらい設計になってはいますが、万が一のことを考えるとガラスフィルムと本体保護ケースの装着は必須だと思います。

広告

1件のコメント

  1. ピンバック: 本日より国内キャリア版XPERIA XZ/X Compact発売開始!そろえておいたほうがアクセサリなど | XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中