本日より国内キャリア版XPERIA XZ/X Compact発売開始!そろえておいたほうがアクセサリなど

dsc_0082

日本国内キャリア版XPERIA XZ(ドコモ版SO-01J/au版SOV34/ソフトバンク版)、およびXPERIA X Compact(SO-02J)の発売が開始になりました。

それに伴い本日から各種周辺機器の取り扱いも開始となっています。(正確には発売数日前から先行して取り扱いを行っている店舗がほとんどでしたが…)

とりあえず日本国内版の同梱物は本体とTV視聴用のアンテナケーブルのみとなります。グローバル版に付属しているQuickCharge 3.0対応ACアダプタやUSB-Cケーブル、音質的に今更付属されても微妙なヘッドセットMH750といったものは一切付属しないシンプルな構成になります。

とりあえずここではそろえておいたほうがいいアクセサリ類を紹介しておきたいと思います。なおXPERIA XZ、X Compactともに先行してグローバル版が発売されており、Amazon.co.jpでもグローバル版用の安価なアクセサリも購入可能です。

  • USB Type-CケーブルとQuickCharge 3.0対応ACアダプタ
    そもそもこれがないと充電ができないので必須です。XPERIA XZ/X Compact世代から接続端子が従来のmicroUSBからType-Cコネクターに変わったため、そのままではケーブルの使いまわしができません。どうしても既存のケーブルを使いまわしたい、以前使っていたお気に入りのケーブルがあるという人はmicroUSBコネクタをUSB-Cコネクタに変換するアダプターが販売されているのでそちらを購入しましょう。安いのは200円程度からありますが中国製の変換コネクタは質が怪しいものが多いそうですのでAukeyの変換アダプタが一番お勧め。またドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアもアクセサリとして同様の製品を販売していますのでこちらでもいいかもしれません。
    前モデルのXPERIA X PerformanceではSoC的には対応していたもののハードウェア的にQuick Charge 2.0搭載となっていましたが、XPERIA XZ/X Compactでは待望のQuickCharge 3.0に対応したのでせっかくですからQuickCharge 3.0対応ACアダプターもそろえておきましょう。こちらも3キャリアともに純正アクセサリとして販売していますが、自分はTronsmartのQC3.0対応ACアダプタを利用しています。(グローバル版だとQC3.0対応のアダプターが標準で付属していますが、リージョンによってはアダプタの仕様が異なっており全く使えないのでグローバル版のユーザーも購入しておいたほうがいいと思います)
    一応急速充電対応でなくてもいいのであれば今まで使っていたACアダプターでも充電できます。
  • QuickCharge 3.0対応のモバイルバッテリー
    せっかくなのでモバイルバッテリーもQuickCharge 3.0対応のものをそろえてしまいましょう。これで外出先でもQuickCharge 3.0による高速重電の恩恵を受けることができます。対応機器が出そろってきたこともあってQC3.0対応のモバイルバッテリーも増えてきました。おすすめはTronSmart Presto。安価ながら10400mAhと十分な容量を持ち、QuickCharge 3.0にもしっかり対応しています。
  • 専用ケースとガラスフィルム
    いつでも持ち歩くスマホゆえにこういう事態も予測されるため、よほど「葉っぱ一枚あればいい!!」というスタンスの全裸運用マンでもない限り専用ケースと液晶ガラスフィルムはそろえておいたほうがいいと思います。
    とりあえず保護できればいいのであればケースやガラスフィルムはグローバル版向けの安価な中華製のものがAmazon.co.jpでも入手できます。ただしものによっては品質がとんでもない代物も存在するので注意が必要です。
    安心感と入手のしやすさならやはり日本メーカー製の製品を選んだほうが安全でしょう。Xシリーズ以降2.5Dガラスを採用していますがちゃんと全面保護するガラスフィルムも存在します。
    ソニーモバイル自身も専用スタイルカバー(XZ/Xc)を販売していますので「純正のほうがいい!」という方はこちらを選ぶのもいいでしょう。日本版は高いけどね・・・。
  • (必要であれば)ハイレゾ対応ヘッドフォン/ヘッドセット、あるいはLDAC対応BTヘッドセット
    XPERIA Z3シリーズ以降のXPERIAではイヤホンジャック経由でのハイレゾ出力に対応しており、既存の音源をハイレゾ相当にアップコンバートするDSEE HXにも対応しています。
    XPERIA XZ/X Compactをウォークマン代わりとして使うならハイレゾ対応ヘッドフォン化ヘッドセットをそろえておくのもいいかもしれません。
    かつてはハイレゾ対応をうたっているヘッドフォンはそれなりな値段でしたが、最近では上海問屋のこれのように十分高音質で2000円切る製品も出てきたので気軽にハイレゾの世界を楽しめるようになってきました。
    XPERIA Z4以降であればBluetooth接続のヘッドセットでもハイレゾレベルの音質が楽しめるLDACコーデックにも対応しています。ただこちらは現状ソニー製品にしか採用されていないうえに20000~以上の製品ばかりな上にハイレゾ相当ではないとはいえapt-xコーデックでも十分高音質なのでapt-x対応ヘッドセットでも十分かもしれません。こちらも安ければ2000円台から購入可能です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中