前のブログで記事にしたXPERIA X Compact F5321で発生するメディアストレージがらみの問題(カメラで写真を撮影したりデータの移動機能でスクリーンショットなどをmicroSDカードに転送した際、メディアストレージのデータベース更新がかからなくなり保存されているファイルが表示されなくなる)ですが、暫定的な対処方法が見つかりましたので記載しておきます。現在一部のリージョン向けに配信されている最新ファームウェア34.1.A.3.22や国内版SO-02Jではこの問題は修正されている可能性がありますが、万が一発生したらこの作業を行ってみてください。

  • (念のため)再起動する
  • アプリの管理画面から「アルバム」のアプリデータを削除する
  • アルバムアプリを初回起動してしばらく放置する

どうも初期ストックファームの34.1.A.1.198ではメディアストレージが適切に動かなくなる時があるようですが、前のブログにも書いた通り一般的な「メディアストレージを初期化する」手順をXPERIA X Compactで行ってしまうとデータベースの再構築作業が行われずすべてのメディアファイルが認識不可になってしまうため、アルバムアプリのデータを削除して初回起動し、アルバムアプリを起動することでサムネイルキャッシュを作成するときにメディアストレージサービスが動作してデータベースに保存されていなかった画像ファイルの登録作業が行われるようです。

初期化してアルバムアプリを起動した直後はデータベースの更新が行われていないため表示されていない写真はそのままですが、しばらくすればメディアストレージの登録作業が行われすべての写真が正常に登録され、カメラで新規撮影した写真もちゃんとデータベースに登録されるようになります。

一応34.1.A.1.198ファームのバグっぽいですがmicroSDXCカード(Gigastone製128GB)のリードライトがあまり思わしくない(リード28.78MB/s、ライト18.16MB/s程度)のもあるのでもうちょっと早いmicroSDXCカードに交換してみると多少はまともになるかなぁとは。ただどちらにしてもCustomized HKリージョンに早く34.1.A.3.22が降ってくるのを願うばかりです。

広告