XPERIA X Compact F5321に11月のセキュリティパッチを含んだ新ビルド34.1.A.3.49リリース。

11月のセキュリティパッチが適用された34.1.A.3.49がリリース

xperia_fw_1

グローバル版XPERIA X Compact F5321の一部リージョン向けに11月のGoogle最新のAndroidセキュリティパッチを含んだ最新FWビルド「34.1.A.3.49」がリリースされています。リリースされているリージョンのXPERIA X CompactはOTA経由、あるいはPCの「XPERIA Companion」で更新可能なほか、XPERIA向けファームウェア書き換えツール「FlashTools」に含まれている「XPERIFirm」でFTFイメージを直接ダウンロードすることも可能です。

ただし例の通りすべてのリージョン向けにリリースされているわけではないので注意が必要です。

やはり無視される香港向けF5321

xperia_fw_2手持ちのXPERIA X Compact F5321は香港リージョンのモデルなのですが、上記の通り現時点では前回の後身である34.1.A.3.22すら降ってきておらず、いまだに初期出荷ストックFWの34.1.A.1.198で止まったままになっています。グローバル版XPERIAを使うのは以前所有していたXAが初めてで、XAも香港リージョンで更新がいまいち遅かったような覚えがあるのですが、香港向けリージョンはいつもこんな感じなのでしょうか…

もちろんFlashToolsを使えばリージョンを書き換えることもできますが、一応端末自体の保証(日本で受けられるかは別にして)と中古販売元のイオシスさんの保証もまだ残っているので気持ちとしてはあまりFWのリージョン書き換えはやりたくないのですが、もしかするとNougatのリリースまで香港リージョンは34.1.A.1.198で放置されるのでしょうか。

セキュリティホールがGoogleのセキュリティパッチで修正される安心感も含め香港向けF5321にも早いところ最新のファームウェアが降ってきてほしいところですが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中