今年のエロゲ業界はロリゲー豊作だった印象

%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%a4%e7%94%bb%e5%83%8f_20160401_160946

今年のエロゲ業界はわりとロリっ子好きとしては豊作といってもいい年だったのではないでしょうか。3月にリリースされ、今月リマスター版が発売された「まいてつ」をはじめ、Irisやはむはむソフトなどからもロリゲーが大量にリリースされました。

%e6%9e%af%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a8%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8b%e8%8a%b1_20161128_161808

しかしソフ倫はロリには厳しかったはずなんですが、最近ではだいぶ制限が緩くなったのでしょうか。まいてつヒロインズ(一部ヒロインはあくまで人間ではなく”レイルロオド”という設定とはいえ)やIrisブランドのゲームは当然として「枯れない世界と終わる花」のレンたんに至っては作品中xxxが来てないと明言され、初回特典に至ってはよーじょであるとまで言い切ってしまってる清さには一時期の規制を知ってる人間としては本当にびっくりしました。いやクーニャもそうとうペ〇いんだけどさ・・・w

rintan

一方でうぃんどみるの「初恋サンカイメ」のヒロインであるリンたんはモロアウトな特典がついていたにもかかわらず「お約束」通り攻略不可だったりするのでちょっとここら辺の基準はよくわからなかったりします。この子に関しては作品ネタバレを見た感じあるメインヒロインと密接にかかわっている関係上、カットしざるを得ない部分があったのかもしれませんが、個人的には2004年リリースのCanvas2のかなっぺ以来久々のちこたむ先生のロリキャラだったので攻略できていたら…

ただ体験版をプレイした感じ全ヒロイン魅力的だったのでこちらも時間があれば製品版を購入しようかなぁと思っています。えっちなくてもリンたん天使だし

もちろん現実とゲームの分別ができる人たちばかりだと思いますが、願わくば来年以降再び自主規制が厳しくならないことを願いたい限りです…

 

広告

今年も最後なのでベストバイをまとめてみた。1位はもちろん…

今年ももう終わりですね。

2016年もいよいよ本日で終わりとなります。

今年はウィンタブさんでライターに選出してもらったりとガジェット方面的にいろいろ大きな変化があった一年になりました。ちなみにウィンタブさんでレビューした端末でのベストは正月記事として掲載予定です。むろん1位はやっぱりGOLE1。UMPCの復活を待ち望んしていたかのあゆとしては間違いなく理想通りの最強のUMPCです。モバイルはぁれいなたんはぁレンたん環境できるしXPERIAのFTFも焼けるし何でもできるよ!

個人的にもいろいろな端末を買ったり手放したり忙しい一年となりましたが、毎年定例ということで今年のベストバイ3機種とワーストをまとめておきたいと思います。

  1. XPERIA X Compact F5321
    img_20161126_172445コードネーム”Kugo”ことXPERIA X Compactのグローバルモデル、F5321です。もう愛してます。1年半愛してきたXPERIA Z3 Compactからの乗り換えですが正直この子がIFA 2016で発表された時から乗り換えは決定していました。
    香港リージョンは現状Nougat打ち切りというとんでもない状態になったのは残念ですが他リージョンではNougatへのアップグレードもリリース済み。おそらく来年のAndroid “O”世代も対象に入ると思います。
    以前のZシリーズとは異なり今回からミッドハイモデルXPERIA Xのコンパクト版という扱いに代わりましたが、昨年のハイエンドSnapDragon野獣先輩810とほぼ同性能を誇るSnapDragon 650ですしバッテリーの持ちの良さもZ3 Compactを継承。さらにQnovo社と共同開発したバッテリー長寿命化技術も搭載して長く使えるように設計されるなど、個人的には間違いなく名機Z3 Compactの正統後継機だと思います。この機種も最初のSIM差し運用機Huawei STREAM X GL07SやXPERIA Z3 Compact同様長く使っていきたいと思います。
    グローバルモデルなのでうぜぇドコモアプリ関連が一切存在しないことやAGPS制限が全くないのも〇
  2. Google Nexus 5x
    dsc_0393

    Twitterのフォロワーさんから異様な値段で譲ってもらったGoogleのリファレンス機。現状Pixel/Pixel XLが日本未導入のため、日本で購入できる機種としては最後のGoogleリファレンス機となります。
    スペック的にもヘキサコアのSnapDragon 808を搭載し、Nexus 6pと共通のかなりきれいな写真を撮れるカメラを搭載するなどいまだにその魅力は色あせていません。
    おそらくAndroidのメジャーアップデートは来年リリースされるAndroid”O”あたりでぎりぎり最後になりそうですが、それ以降もLinage OSなどのカスタムROMは対応していくでしょうしこちらも長く使える一台になりそうです。現在0SIMを指してサブ機として運用中です。

  3. XPERIA XA F3216
    dsc_1973

    結局手放してしまいはしましたが、個人的にかなり気に入っていたミッドレンジXPERIA。Xシリーズの末っ子です。
    とにかくX Perforomanceと割り当てるデザインを間違えたんじゃないかと思うほど、ベゼルレスデザインを採用した筐体は今見ても魅力的です。短期間でしたがこの機種をサブ機として運用していた期間はかなり充実したものでした。機会があればまた買いなおしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

dsc_0148

今年のワーストバイ:VAIO PCV-V10/W

108円→ポイント利用で21円で購入した北森世代Celeronを搭載したVAIO。結局短期間でメモリスロットが死んでメモリ認識不可になり、でかい粗大ごみと化しました。安かったけどこれなら買わなくてもよかったかなぁ…何とか復活させたいとは思います。

 

来年はウィンタブさんで中華スマホの取り扱いを開始するということで、そちらのほうでいろいろ面白そうな端末たちをレビューすることができそうです。

こちらのブログも来年もいろいろ充実させられたらと思います。

2017年もかのあゆブログをどうかよろしくお願いいたします!!!

XPERIA X Compact、HK向けはアップデート打ち切り え?

つまりはそういうことらしいです

XPERIA X CompactにもついにAndroid Nougatへのアップデートがリリースされ、すでに一部のリージョンでは最初のセキュリティアップデートもリリースされていますが、香港向けF5321には一向に降ってきません。

一応設定にあるサポートから次のアップデートを確認できるのですが…

screenshot_20161230-073647

ちょっと前までは「次のAndroidバージョン」の欄は7.0 Nougatとなっていたはずなのですが、ついに「Androidバージョンの更新はありません」という最悪な表示に代わっています。

screenshot_20161230-074526

サポートサイトでIMEIを入力して確認するとこのような感じ。「XPERIA X CompactにはAndroid OSの更新の計画はありません:Android 7.0 NougatがXPERIA X Compactにリリースされてるよ!?!?!?!?!??」

 

 

つまりは香港版だけ初期ビルドで打ち切りということです。かつてはアップデートに消極的とまで言われた国内キャリア版ですらNougatへアップデートされるのに香港版だけ打ち切りとかやる気なさすぎだろ…しかもセキュリティアップデートすら結局一回も降ってきてませんし…

 

 

 

というわけで香港版はもう待ってもNougatが降ってこないようですので、パパッとFlashToolsでリージョンを書き換えてしまいましょう。

 

関連リンク

FlashTools

XPERIA E1 D2005を今さら買いました

自分でも本当に今さら臭しかしないと思います。ただ前からちょっとだけ気になってた子なのでつい…

という訳で2014年のXPERIAローエンドモデル、XPERIA E1 D2005を先日期間限定と言う形でオープンしたパソコン工房 アウトレット館で購入してきました。一応付属品完品の保証付き中古でしたがコンディション自体はあまりよろしくはないです。価格は4280円でした。

2013年に発売したローエンドモデルXPERIA Eの後継モデルです。時期的にはXPERIA T2 UltraやShinano世代のXPERIA Z2/ZL2と同世代のモデルですが、発売時期の兼ね合いもあって出荷当時は2013年後半XPERIA(Z1/Z1f&Z1c/ZUltra)と同じUIを採用したAndroid 4.3″JellyBean”をプリインストールした状態で出荷。最終的にはAndroid 4.4.2″KitKat”までアップデートされ、この時点でようやく2014年前半のXPERIAシリーズと共通のUIに更新されました。

元々低価格のローエンドモデルと言うことでスペック的にはデュアルコアのSnapDragon 200に512MB RAM、4GB ROMと今となっては産廃なスペックです。カメラもExmor Rすら採用していない320万画素のメモ程度にしか使えないカメラが搭載されているのみ。通信もLTEには対応しておらず3G通信のみサポートする完全に低価格ローエンドモデルですが、オーディオ関連に関してはハイレゾ再生こそ対応しないもののウォークマン(現:ミュージック)アプリをワンタッチで起動できるウォークマンボタンが設置されていたり100dbというとにかく無駄に大きい音がなるリアスピーカーが搭載されていたり変なところにこだわっていた一台です。

現在となっては64bitバイナリも含まれてファイルサイズが大きくなっている標準アプリ群の更新だけでいっぱいいっぱいで特になにかできる機種というわけではないのですが、4インチというコンパクトさと100dbのリアスピーカーをいかして子供用のお守り携帯か最悪防犯ブザーとして活用するのも悪くないかもしれません。

この機種のあとすぐに発表されたXPERIA E3以降は筐体サイズが大型化していったため、4インチというXPERIA Compactシリーズ以上にちんまいXPERIAは本機が最後になります。そういう意味でも貴重な存在なんじゃないかとは思います。

OS: Android 4.3→Android 4.4.2
SoC: Qualcomm SnapDragon 200 DualCore

GPU: Adreno 302
RAM: 512GB
ストレージ: 4GB
ディスプレイ: 4インチ 800×480
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/、Bluetooth 4.0
カメラ: アウト300万画素
サイズ: 62.4x 12x 118mm / 120g

Cyanogenが事業終了。オープンソースプロジェクトとしてのCyanogenmodはLinage OSにリブランド。

dsc_0390

さようなら、Cid君。Cyanogenmodの資産は「Linage OS」として継続へ。

AOSP Androidをベースに独自機能を追加したカスタムROMとしてオープンソースプロジェクトとして展開していたCyanogenmod、およびその商業版OSをリリースしていた「Cyanogen」がCyanogen関連の事業をすべて終了することをアナウンスしました。これに伴い商業用Cyanogen OSの開発は終了となり、「Cyanogenmod」としての開発版Nightryビルドの提供も年内中に終了となります。

ただしオープンソースプロジェクトとしてのCyanogenmodはソースコードなどの提供が継続され、実際にCyanogenmodを継承する「Linage OS」が本日付でローンチされているため、カスタムROMとしての「Cyanogenmod」は「Linage OS」にリブランドされたうえで継続されることになるため、Cyanogenmod愛用者としては特に何かが変わるということはないと思われます。

2011年ごろに企業としてのCyanogenが立ち上がって商業版Cyanogen OSもリリースはされていましたが、もともとはHTC Dreamなど初期のAndroid端末のために便利な機能を追加したカスタムROMとして一個人が開発したものが元ですしある意味では本来の形に戻っただけとも言えます。(そのCyanogenの開発者で企業としてのCyanogenのCEOでもあったスティーヴ・コンディックさんもすでにCyanogenを去っているため、ある意味この流れは自然だったとも言えます。商業OSとしてのCyanogen OSも正直そこまで目立っているわけでもありませんでしたし…)

ただし、カスタムROMとしては「Linage」にリブランドされるものの、Cyanogenmod名称ではなくなるため、イメージキャラのCid君(上のスクリーンショットで写っているキャラ)はもう間違いなく今後みられることはないと思います。プロジェクト自体は継承されるとはいえ、古くからあるROMの名称とCid君がいなくなってしまうのはちょっと寂しくなってしまいますね・・・

 

ちなみにCyanogenmod公式サイトはすでに消滅しているほか、ダウンロードできる最新のNightryビルドも昨日付けで止まってるため、一応12/31で終了となっていますが実質Cyanogenmodとしては12/25付のNightaryでおしまいということなのでしょう。(手持ちのGalaxy S5 SCL23も”Cyanogenmod 14.1″としての最後のNighary BuildをOTA経由で適用しました)

関連リンク

Cyanogen終了のアナウンス

Linage OSローンチのアナウンス

CUBE WP10のレビューを書きました

dsc_0382

レンたんかわいい(かわいい)

ウィンタブさんにかわいいレンたんのレビューを書きました…

 

 

ではなくて、現時点では唯一の7インチWindows 10 Mobile搭載端末「CUBE WP10」のレビューを投稿させていただきました。

一応Windows Update経由で日本語ロケール関連は適用可能ですが、Lumiaなどと異なり完全な日本語化が不可能で一部英語UIが残るほか、なぜか本機ではWindows 10 MobileのRTMビルドに相当するBuild 10586(TH2)がインストールされているにも関わらず、コルタナさんが利用できない(音声認識関連のファイルを適用しても利用不可。通常の検索のみが利用可能)点が気になります。またもう間もなくRS2ことCreators UpdateがRTMに達しますが、いまだにTH2のままなのも気になる点。ただレビューのほうにも書きましたがKINTAMAKATANA01などS210搭載機にRS1を適用するとパフォーマンスが低下するようなのである意味TH2のままなのは本機の場合は正解なのかもしれません。

dsc_0378

やっぱりS410以上を搭載してほしかった

スペック的にはKATANA02と同等で、KINTAMA01のように致命的なハードウェア的な不具合を抱えているわけでもなく、重めの3Dゲームをプレイするのでなければ普通に利用可能です。ペリトラ君もそうでしたがこのサイズになるとさすがに電話として使うのはアレな気がしますが、このサイズで無理やりPC向けWindows 10 Homeをぶち込んだ低価格窓椨よりむしろ全然快適に利用可能です。やっぱり7インチでフル版Windowsをぶち込むのは無理があるような気がします。スケーリングも微妙におかしいしeMMCが16GBしかないからメジャーアップデート時めんどくせぇことになるし・・・(ぉ

ただSoCに関しては所詮は低価格帯ローエンド端末向けのSnapDragon 210で微妙にタスクがもたつく場面もあるので欲を言うのであればSnapDragon 410以上を採用してほしかったのは正直なところ。

質感はXPERIA Z3 Tablet Compactに似ており、ベゼルも狭額縁デザインを採用しておりこれがCUBE端末なのかと驚きました。CUBE iWork 8 Airがプラスチック丸出しの、価格相当の筐体(それでもFHD液晶を採用していたりこちらも良端末なんですけどね!)だったので・・・

スペック的なことを気にしなければいい意味で中華っぽくない端末で、少なくともKATANA02と動作に関しては同レベル。さらに言えば今後このサイズのWindows 10 Mobile端末が続くかどうかも微妙なので、気になるのであれば購入してみるのも面白いんじゃないかと思います。

あ、液晶フィルムはPDA工房さんでフォローしています。こんなドマイナーな端末のフィルムもつくってくれるとはやっぱりすげぇや・・・

 

 

 

 

ちなみにレンたんかわいいですよね(ぉ

 

 

関連リンク

CUBE WP10 -現時点で唯一のWindows 10 Mobile搭載7インチファブレット(実機レビュー:かのあゆ)

CUBE WP10 販売ページ(Banggood。現時点での価格は15908円です)

枯れない世界と終わる花 公式ページ(体験版もここからダウンロード可能。レンたんがロリかわいいので是非。あとハルおねえちゃんが聖母すぎる。WP10では当然動きませんw)

Xaomi Redmi 3をBootloader Unlockする

dsc_0387

普通の方法でBLU…できませぬ

依頼品ですが、XaomiのRedmi 3(コードネーム”ido”)に「日本語が使えるROMを焼いてほしい」ということだったのでちょうど公式なCyanogenmod 14.1が本機にもリリースされているようですのでこれを焼いてみることにします。自分的にもXaomi端末を触るのはこれが初めてですね。

現在Xaomiが日本に正式参入していない関係上標準搭載されているMIUI(AndroidのカスタムROMの一種。UIが独自でXaomi端末以外にも非公式の移植版あり)には日本語ロケールが入っておらず、Morelocale2を使っても完全な日本語化ができません。ショップによってはAOSP Androidから持ってきた日本語ロケールを移植したショップカスタムROMを突っ込んでいる例もあるようですが、こちらはこちらでOTA経由でのアップデートができないなどいろいろ問題があるようです。また当然この場合もMIUIの部分に関してはローカライズされていません。

”一般的”にはブートローダーをアンロックしないと非公式のカスタムROMは焼けないのでブートローダーを外す必要があります。Nexusなど一般的な機種であればadbをインストールして

adb reboot bootloader

でブートローダーモードに入り

fastboot oem unlock

でブートローダーを外せばいいのですが、Xaomi端末の場合どうもそうではないらしく

こちらでアンロックコードを申請(MIアカウントが必要なのでこのページから作成しておきましょう)→申請から10日後に申請時に入力した携帯電話番号あてにアンロックコードが届くので届いた時点でBLU可能→同サイトからダウンロードできる公式アンロックツールでBLU

という流れになるようです。

つまりきょう申請したので焼けるのは年明けになりそうです。

mi_blu

待つしかない

アンロックツール自体はこちらからダウンロード可能で。場合によっては10日過ぎてもSNSが届かないようですが実際にはこのツールでBLU可能になるようです。もちろん申請直後は使えません。

とりあえずブートローダーアンロックできないと公式MIUI系のROMしか焼けず、こちらは日本語ローカライズされていないのでちょっと待ってみようと思います。

(えらく時間がかかるのでXaomi端末を購入していろいろ遊びたいという人は事前に申請しておいたほうがロスタイムは少ないかと思われます)

 

関連リンク

Unlock Your MI Device(Xaomi端末のブートローダーアンロック申請ページ。要MIアカウント)