Sony MobileがXPERIA Z3シリーズと共に2014年9月に発表したAndroid Wear搭載スマートウォッチ「SmartWatch3 SWR50」が大幅値下げされ、ブラックとライムのシリコンバンドモデルが税抜き9880円に価格改訂されています。

SmartWatch3 SWR50はSoCにQualcomm SnapDragon 400を搭載し、GPSを搭載することでXPERIAにプリインストールされているLifelogアプリと協力な連携が可能。またXPERIAのミュージックアプリのプレイリストを転送し、時計単体でBluetoothヘッドフォンを接続して音楽再生を楽しむことも可能。もちろんAndroid 4.3以降を搭載したXPERIA以外の機種やiOS搭載機でも利用可能です。

既に発売から2年経過していることや最新のXPERIA XZ/Xcのカタログからはついに周辺機器からはずされたこともあり、在庫処分の意味合いも兼ねているのでしょうか。Android Wear搭載機としては一番安く、買いやすい値段になりましたし機能的にはその他のAndroid Wear搭載機と劣っているということもないため、この値段になった今だからこそおすすめできる機種になったと言えます。

広告