オリジナルスタッフがほぼ抜けてしまったKey新作「Summer Pocket」発表。麻枝さん原案。Na-Gaさん原画参加。

key_new_project

ほぼオリジナルスタッフが抜けてしまったKey新作

「Kanon」や「AIR」「CLANNAD」「リトルバスターズ!」「クドわふたー」「Rewrite」などの名作ゲームを開発してきたビジュアルアーツのゲームブランド「Key」が久々に完全新作「Summer Pocket」を発表しています。対応プラットフォームはWindowsで現時点ではレーティングは未定。すでにティザーサイトがローンチしているほか、電撃G’sマガジンのほうでスタッフインタビューが掲載されており、オンライン上でもこちらからおそらく同じものと思われるものが観覧可能になっています。

原案は麻枝淳さんで原画としてもう間もなく無印版の発売から10年がたつリトルバスターズ!でKey作品としては初めて参加したNa-Gaさんがかかわっており、音楽は麻枝さんと折戸伸治さんが関わってはいるものの、旧Tactics時代からHarmonia(おそらくVA在籍時のタイトルとしては最終)まで魅力的なキャラを生み出してきたオリジナルスタッフの一人である樋上いたるさんは活動の場を伸ばすためビジュアルアーツを退社してフリーになったため本作では参加しておらず、また上記インタビューからなんと智代アフター開発時にKeyスタッフとして入社し、リトバス!やクドわふ時代は各種イベントやナツブラなどで大いにファンを盛り上げたシナリオライターの”とのっち”こと都乃河勇人さんがAngel Beats 1st Beatリリース後に退社していたという事実が発覚。シナリオライターとNa-Gaさん以外の原画氏がKeyと全く無関係の新スタッフなことも手伝って正直素直にKeyの新作として喜べない…というよりあまりKeyの新作として発表されたという実感がわかないという、複雑な気持ちというのが正直なところ。7年前のちょうど今頃に発表されたクーニャのスピンオフであるクドわふが発表されたときはそれこそ発狂するほど喜んだんですけどね…

正直Na-Gaさん担当のキャラとクーニャと同じくクォーターっぽいロリ後輩以外あまりKeyっぽく無い絵柄なせいもあってあまり魅力的には見えません。正直これなら他メーカーのキャラですが杏鈴ちゃんやれいなたんやレンたんのほうが魅力的ですし…

麻枝さん原案ということでおそらくレーティング的にR-18になるかどうか微妙ですし、ちょっと今回はリリース後の情報誌台によってはスルー…というか「KeyはRewriteで死んだ」ということにならないことを願いたい限りです…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中