散々叩いたが…

只今ドンキホーテの廉価版Android 6.0搭載7インチタブレット「カンタンPad3」を購入しました。

この端末に関しては発売当初この記事で散々こき下ろした上に初代は産廃すぎてロクな思い出がないので正直迷ったのですが、現状この機種の実機レビューがないことや独自のクッソ使いづらいランチャーだけでなくAOSPランチャーのLauncher 3がデフォルトランチャーとして搭載されたこと、搭載SoCがクアッドコア化されたことにより、恐らく最低2012年発売の初代Nexus 7や同価格帯で購入できるAmazon Fireと同程度のスペック…なはずです。正直初代と2は発売時点で産廃過ぎたActions ATM7021搭載だったので…

少なくとも一応Marshmallow搭載世代の端末なのでスペック自体はローエンドタブとしては問題ない…はずです。国内タブとしては相変わらず珍しいHDMIケーブルが標準添付されているのでレビューしだいでは評価も変わる…かもしれません。

関連リンク

ドンキホーテ カンタンPad3(Cortex A7 Quad 1.3Ghz/1GB RAM/8GB ROM Android Version 6.0″Marshmallow”)

広告