スーパーコスパ淫獣ZUK Z2のレビュー上がりました。ウィンタブさんでお得に買えるコードあり!!!買うしかない!!買え!

dsc_0527

この超絶コストパフォーマンス淫獣がいまなら19141円!急げ!

ウィンタブさんのほうで予定通りZUK Z2の実機レビューが上がりました。最終実機レビューも書く予定なので癖のあるU-Touch関連や通知関連をレビューできたらと思っています。

とにかくS820です。すでにAntutuベンチ的にはこのSoCをしのぐ性能を誇るApple A10 FusionやS835が登場済みですが、すでにスマートフォンのSoCの性能はミッドレンジクラスでも十分なレベルに達しているのでこの性能は十分高性能でしょう。もうまもなくNougatへのOTAアップデートも開始されるとのこと。

ちなみに上位モデルとして「Z2 Pro」というモデルも存在します。こちらはRAMが4GBから6GBに、内臓ストレージの容量が64GBから128GBに強化された上位モデルで、ZUK Z2の扱いとしては廉価版なのでしょうがそれでも十分フラッグシップ級の性能です。通信バンドの少なさなどを気にしなければ正直Zenfone5の基盤を再利用してすでに旧世代になっているZenfone Goを購入するよりこちらを購入したほうが幸せになれるはずです。少なくともS400/410機やMTK搭載機を買うよりは。

しかし今年後半あたりからどこの中華ECショップでも2万前半で購入できるようになった本機ですが、発売当初はExpansys(通称”パンツ”)での販売価格は37440円だったようです。中国での販売価格は3万。

・・・あれ?これでも十分安くね?S820機だぞ?

本来スマートTVなどのデジタルコンテンツを配信し、そのフロントエンドとして考えているため端末の値段がやはり暴力的に安いLeEcoの端末(S820を搭載したLeMax 2がやはりZUK Z2と同程度で購入可能)もそうなんですが中国向けに販売されている端末はどうもどこで元を取ってるのかわからない真の意味でのコスパモンスターがたまに出てくるので面白いところです。

そんなZUK Z2ですが、現在ウィンタブさんで19141円で購入できるコードを発行しています。かのあゆが書いた実機レビューのほうでコードが記載されていますのでそのコードを入力するだけでこのコスパ淫獣がついに2万を切る値段で購入可能です。

…もう言うことはないでしょう。すぐにポチるべきだとおもいます!

関連リンク

Lenovo ZUK Z2 ー いい意味で価格と性能のバランスが「完全に壊れている」おそるべきスマホ(実機レビュー:かのあゆ)(Banggoodでのディスカウントコードあり)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中