任天堂Switch版「ウルトラストリートファイター2 The Final Challenger」発表。殺意の波動に目覚めたリュウと洗脳されたケンを追加

「覚えているか、俺より強いやつに会いにいった日のことを」ストII最終バージョン、Nintendo Switchに登場!

昨日発売日と販売価格が正式に発表された任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」の発表イベントでカプコンがストリートファイターIIの最終バージョン「Ultra Street Fighter II The Final Challenger」を専用タイトルとして発売することを発表しました。日本国内においては2004年にCPSII基盤/PS2でリリースされた「Hyper Street Fighter II Anniversary Edition」以来久々の「ストIIの」新作ということになります。

usfii

Nintendo Switch版である本作ではCPSII基盤でリリースされたオリジナル版「Super Street Fighter II X The Grand Master Challenge」と同じドット、音声で楽しめる「クラシックジェネレーション」モードのほか、2008年にXBOX360/PS3で発売された(日本では未発売)「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」で新たに作り直されたキャラグラフィック+SFIV(日本語版)のキャラボイスでプレイできる「ニュージェネレーション」モードを新たに追加。

violent_ken

さらにSFIIシリーズとしては初登場となる「殺意の波動に目覚めたリュウ」「洗脳されたケン」が新キャラとして追加されています。

SFIIドットの殺意リュウ、洗脳ケン自体はM.U.G.E.Nなどで非公式には存在していたものの、公式でSFIIシリーズに登場するのはこれが初めてとなります。ちなみに殺意リュウが登場したのは「ストリートファイターZERO2」から。洗脳ケンは元ネタが93年に公開されたアニメ映画「ストリートファイターII ザ・ムービー」で格闘ゲームのキャラとしてはSNKがリリースした「SNK vs CAPCOM SVC Chaos」が初(というか唯一だった)となります。

またストリートファイターZEROのドラマチックバトルを思い起こさせる「バディファイト」モードが追加されたり初心者にもやさしいワンボタンモード(さすがに3DS版SSFIVで猛威を振るっていたガイルなどのキャラは溜め動作が入るようになったためソニック連発といった行為はできなくなっています)が追加されるなど、新しくストIIの世界に触れる人にも、オリジナルをプレイしたユーザーにも楽しめる改良が加えられています。またオリジナルのスパ2Xやハイパー2の移植というわけではなくハイパー2からさらにキャラ調整が加えられている模様。

ストII自体超絶名作なわけですがまさかストVが出た今になって2DドットのSFIIの新作がリリースされるとは夢にも思いませんでした。しかもまさかSFIIドットの殺意リュウと洗脳ケンを公式で見られる日が来るとは…

個人的にはこれだけでSwitchがほしくなっちゃいましたね…(Switch自体ガジェ獣的にもTegraのカスタマイズ版が搭載された端末ということで割と気になっているところですがw)

関連リンク

Ultra Street Fighter II The Final Challenger

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中