dsc_0738

真白たんかわいい

本日たまたま秋葉原のイオシス秋葉原中央通り店のジャンクコーナーを除いてみたところ、VAIO Phone Bizのジャンク品が12800円で売られていました。

dsc_0731

ジャンク理由は「電源が入らない”時が”ある」という理由で、確認のため店員さんに展示ケースから出してもらって電源を入れたところあっけなく起動。「入らないこともある」ということなのでおそらくうまく電源が入らない時がまれにあるということでしょうが、ソフトウェア的な不具合であればWindows Device Restore Toolsで復元すれば治る程度の不具合であることから即購入してしまいました。現在でも現役で販売中の機種で定価は税抜き59800円の高価な端末ですからこの程度の現象で12800円は破格でしょう。

実は同店舗でSIMスロット不調でスマートフォンとしては運用できないNuans NEOがやはりジャンクで9800円で売られていたこともあり、ほしかった機種だったのもあって購入を迷っていたらその日のうちに売り切れてしまったという苦い思い出があったので今回は即決めてしまいました。

閉店ぎりぎりのタイミングだったのと次の仕事休みが来週火曜日までないため次に行ったときにはおそらく確実に売り切れてしまっているような気がしたので…

dsc_0742

製品のほうはジャンクであることも記載し、ジャンク商品の注意点も記載したうえでウィンタブさんでレビュー予定です。(まだ出先なので環境構築ができてない)

VAIOを冠したスマートフォンはほかにもいたことにはいたのですが、QuantaのOEM品(海外で展開してるPanasonic ELUGAのミッドレンジモデルと全く同じデザイン)で名前だけ貸した買う価値もない最駄作品でしたが、こちらはハードウェアデザインをVAIOそのものが手掛けた”本来あるべきVAIO Phone”とも呼べる高品質な製品です。

Windows 10 Mobile端末としては高解像度の5.5インチFHDディスプレイに無線Continuum Mobileに対応し、ローエンドSoCでも軽快に動作するWindows 10 Mobile搭載機としては十分すぎる性能を誇るSnapDragon 617 Octa+3GB RAMを搭載。正直ジャンクでなければメインSIM運用してもいいくらい高性能な端末となっています。

ジャンクとはいえジャンク理由が軽度の不具合ですし定価を考えるとS210機やS410機と同価格で購入できるのはもはや破格。VAIOの世界観をしっかり継承した一台ですし購入してよかったと思っています。どちらにしても前から欲しかった子ですし。

ウィンタブさんでの実機レビュー、ご期待ください!

関連リンク

VAIO Phone BIZ : 公式サイト

イオシス : (秋葉原の店舗では路地裏店・中央通り店でジャンク商品の取り扱いあり)

広告