またフラッグシップか…XPERIAの新モデルについて個人的に思うこと(正式発表に伴い追記あり)

xperia_2017

もういい!XPERIAの話よりオリたんのかわいらしさについて語りたい!

まぁこうなることは予測はしてたんですけどね…

現在スペイン・バルセロナでMWC 2017が開催されており、そこでHuaweiの「P10&P10 Lite」、LGの「G6」、BlackBerryの「BlackBerry KEYone」など各社そろって新モデルを投入しています。

P10は一次発売国に残念ながら日本が入っておらず、先日投入されたNova&Nova Liteよりこちらを優先して投入してほしかった気もしますが、Pシリーズは初代から(キャリアモデルでしたが)ずっと日本で積極的に展開してきたことやP9&P9 Liteのヒットを見てるとおそらく近いうちに日本で正規投入するのは確定でしょう。

G6は前モデルG5のモジュールで拡張できるというコンセプトをやめて真っ当なスマートフォンに戻りました。おそらくこちらもauの次期isaiシリーズのベースモデルとして選ばれるでしょう。

そしてXPERIAですが、MWC 2017では本日夕方あたりに新モデルを発表していますが、すでに情報自体はさんざんリークしていておそらく以下のモデルが発表されるものと思われます

*追記:MWC 2017で正式発表されましたので追記します。

XPERIA XA1

XPERIA XA1 Ultra

XPERIA XZs
XPERIA XZ Premium

XPERIA XA&XA Ultra後継モデルはSoCにHelio P20を採用し、筐体デザインをXZ/X Compact以降で採用された「ループサーフェス」デザインに一新したミッドレンジモデル。

相変わらず指紋認証は非搭載、XZ/X Compactで採用されたレーザーAF、RGBC-IRセンサーも非搭載ですが採用するデザインを間違えているんじゃないかと思ってしまうくらい魅力的なゼロベゼルデザインは継続採用。おそらく日本でも初代XA同様3~4万くらいで並行輸入品が入ってくるでしょうから今回発表される端末の中では一番魅力的に映ります。

XZ PremiumはZ5シリーズに設定されていた4Kディスプレイ採用モデル「Z5 Premium」の後継モデルですね。

スマートフォンでの4Kディスプレイ採用自体「早すぎた」感があったものの、これはこれで個性的な存在ではあるのでまぁ「あり」なんじゃないかと思います。サイズ感が違うせいか写真だけ見るとカメラとセンサー類の配置が同じせいかX Compactにもみえますが、サイズの大きい5.5インチ4Kディスプレイ搭載モデルになります。こちらは最新SoC、SnapDragon 835を採用するとのこと。

問題なのはXZs(2)。これ単なるXZのマイナーチェンジモデルなんですよね。というか昨年のMWC 2016でXPERIA Xシリーズが発表されたときにソニーモバイルって「XPERIAはフラッグシップを連発しすぎたのでXシリーズ以降は年に1台しか出さない!」という発言をしていたにもかかわらず半年後にXZを発表・発売してX Performanceユーザーを失望させていましたがまた同じことをやるようです。

しかもXZs(2)に搭載されるSoCはおそらくSnapDragon 820/821になるというリーク情報があります。この通りであれば本当に(カメラ周りが強化されるといううわさもありますが)単なるマイナーチェンジモデルでしかない、魅力に欠けるフラッグシップモデル(笑)ということになってしまいます。

「年に1年しか出さない」

この発言を守れないのであればもう二度とソニーモバイルはこのような発言をすべきではないと思います。

フラッグシップの連発はユーザーを失望させるだけで無意味

正直2013年以降XPERIAのフラッグシップモデルは変わり映えのしないマイナーチェンジモデルを含め年に2回投入しているという現状で、結局Xシリーズでもその方針を続けていくつもりのようですが、ユーザーからすれば

「フラッグシップモデルを買ったのに半年後には型落ちモデル」

ということになってしまってかなり不満…というか人によってはもう「二度とXPERIAなんかかわねー!」ということになってしまうのではないでしょうか。

またこういう出し方をしてると結局「半年後にはよりよくなったマイナーチェンジモデルが出るんでしょ」ということで買い控えするユーザーも多いのではないでしょうか。

昨年のソニーのモバイル部門は売上高は減収という結果になったようですが、こんな無茶苦茶な出し方をしているので当然の結果だと思います。

スマートフォンなんて年に1回モデルチェンジすればいいわけですし、XA/XA Ultraはちゃんとその期間通りにモデルチェンジしてるのでフラッグシップも本当に年に1回投入すればいいと思うのですが、正直こんな異常な出し方をしているのはソニーモバイルだけだと思いますし、この方針を続けるのであればユーザーはもっと離れていくと思います。かのあゆもCompactシリーズやめたらもはやXPERIA選ぶ意味もないので別機種を選択すると思います。Compactは多分2年スパンなので次期モデルが出るのは来年までないとは思いますが…

結局のところ

もうこんなフラッグシップ連発XPERIAの話はどうでもいいからしゅがてんかってオリたんとちゅっちゅしようぜ!!うちもそのうち買います。

 

追記

たった今正式に発表されました。リーク情報通りXPERIA XZ PremiumはSnapDragon 835を搭載していますがXPERIA XZsはXPERIA X Performance/XZに引き続きSnapDragon 820を搭載。おそらく日本でもキャリアモデルとしてどちらも投入されるでしょうが、正直XZsは出さなくてもよかったようなモデルです。RAMこそ今更感はあるものの3GB→4GBになっており、カメラに新型1,900万画素積層型CMOSを採用した「Mortion Eye」システムを新たに採用するなど強化されていますが単なるXZのマイナーチェンジモデルです。X PerformanceユーザーやXZユーザーが乗り換えて特に得られるものはないでしょうし、お勧めしません。マジでこんな出し方続けると滅びるぞ…

 

 

そんなことよりしゅがてん!の体験版でもやってオリたんの頭なでなでしよう…

 

 

 

ところで結局mineoに投入されたのはHuawei Novaだったわけですがコードネーム”mineo”っていったい何者なんでしょうね。

関連リンク

Mobile World Congress 2017出展について : Sony Mobile(Japan)

MWC 2017 – What you can expect : Sony Mobile

しゅがてん! sugarful temperings : Recette

(注:リンク先はごちうさっぽい雰囲気ですがれっきとしたエロゲですので18歳未満観覧禁止です)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中