[わが町新座]地元民としてほっとけるか!NuAns NEOを買いました![トリニティ]

DSC_1187

わが町新座が誇る最高のWin10M搭載機!

いや、地元だから…

昨日18日よりリアル店舗も構えている「イオシス」さんでNuAns NEOがTWOTONEカバー付きで税込19,800円というとんでもない値段で販売されています。

コンディションとしては中古品ではなく未使用品。ただし本来別売のTWOTONEカバーを装着するために一度開封している関係上かメーカー保証はつかずショップによる6か月保証のみとなりますが、Continuum For Mobile対応のミッドハイWin10M機がこの値段で購入できるのはお買い得以上の何物でもないでしょう。

S617機に関してはNuAnsの開発元であるトリニティの社長さんですら「梯子を外されてしまった」と発言してしまうような現状であるため、正直もう間もなくリリースされるRedStone 2ことCreators Update自体は問題なく受け取れるでしょうが、これ以降に関しては不安が残るのが正直なところですが、それでもS210を搭載したローエンドWin10M機を購入するより前々満足できるはずです。

ちなみにかのあゆが現在住んでいる新座にNuAns NEOやNuAns NEO[Reloaded]といった素晴らしい端末を生み出したトリニティという会社が所在しています。

もともとiPhoneなど他社のメーカーのケースなどを専門とする会社としてスタートしています。かのあゆもiPod touch(1st Gen)運用時はトリニティさんが展開する「Simplism」ブランドで展開されていたシリコンカバーのお世話になっていました。まさか新座の会社とは意識もしていませんでしたし、そこから超絶個性的なWin10M&Android端末が生まれるなんて夢にも思いませんでしたが…

ちなみにトリニティという会社は本社がある新座に「トラットリア・トリニータ」というイタリアンレストランまで運営していたりします。

本当にいろんなことをやっていて面白い会社だと思いますし、だからこそ「Core」コンセプトを取り入れてしかも「Windows 10 Mobile」を搭載した個性的な端末、「NuAns NEO」が生まれたんだなぁと思うと本当に誇らしい気持ちでいっぱいだったりします。

ちなみに奇しくもうちのメイン端末であるXPERIA X CompactとともにIF デザインアワードを受賞。しかもNuAns NEOは最優秀賞に相当する「IFゴールドアワード賞」を獲得しています!!!素晴らしい!!

「日本のトリニティによるこのスマートフォンは、複雑なテクノロジーと面白味のある触感を組み合わせ、同カテゴリーの大部分の製品と距離をおく姿勢を打ち出しています。木材をはじめとする「暖かな」素材を使った新鮮な外観に加えて、曲線的な本体の形状はナチュラルでバランスのよい感触です。全体として、非常にエクセキューションの優れた(完成度の高い)製品です。」

先日ウィンタブさんのライターとして参加した[Reloaded」の発表会でWin10Mを搭載した初代NEOを決して捨てない姿勢を感じました。なんというかWin10M版NEOも大事にしているという姿勢をあの発表会の星川社長の発言から感じました。

「Win10Mというプラットフォームに関してはやりたいことはやりつくした」という言葉の意味も今思えば…

なおかのあゆは上記通り実機を購入しました。だって新座端末だしあの発表会に実際に参加したら…

別件があるのでそちらが終わったらうちの新しい相棒…新座生まれのWin10M機、NuAns NEOのレビューをウィンタブさんで上げたいと思います。

関連リンク

Nuans NEO & NuAns NEO[Reloaded] : NuAns

トラットリア・トリニータ : Trinity

イオシス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中