Google、Androidの次期バージョン”O”の最初のデベロッパープレビュー版をリリース。Nexus 5x、Nexus 6P向けは最終メジャーアップデートへ。

DSC_1251(1).jpg

Google I/Oの開催を前に本日GoogleはAndroidの次期バージョンである「Android “O” Version」の最初のデベロッパープレビューをNexus 5x、6P、Pixel C、Pixel、Pixel XL、Nexus Player向けにリリースしました。現行バージョンの7.x NougatのDP1もGoogle I/O前の3月リリースでしたね。

また開発者向けにDP1相当の最初のSDKもリリースされており、この中にデバイスエミュレーター用のイメージも含まれていますのでNexus端末を所有していないユーザーでもAndroid Oがどのようなものか試すことができます。

一応ファクトリーイメージからアーカイブに含まれているバッチファイルからではなく手動で各種ファイルを置き換えてデータを保持したままアップグレードすることも可能ですが、Android 7.1.2からアップグレードした場合システムアップデートとしてAndroid 7.1.2が配信されてしまうという不具合が起きるため素直にバッチファイルからユーザーデータも削除したうえで導入したほうが安全でしょう。

今後数回のDP版のリリースを得ていつも通り今年の夏あたりに正式版がリリースされる予定となっています。

また製品のライフサイクルとしておそらくNexus 5x、Nexus 6P向けのメジャーアップグレードはこの「O」が最終バージョンになると思われます。日本では現在Pixelが不在なのでこの打ち切りをもってGoogleの最新OSが利用できるリファレンス機は消滅ということになってしまうので次期Pixelの日本投入に期待したいところです…

新機能としてはバックグラウンドタスクの制御機能や通知をカテゴリー分けする「通知チャンネル」機能のサポート、YouTubeなどの動画を小さなウィンドウで表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャー」機能のサポートが追加されています。細かいところではソニーの協力によりXPERIAからバックポートされたLDACコーデックのOSレベルでの標準サポートが追加されています。

これにより、Android O世代を搭載した端末ではXPERIA以外でもLDAC対応Bluetoothヘッドフォンやスピーカーなどを利用することができるようになり、これらの機器でハイレゾレベルの音質で音楽を楽しむことができるようになります。

とりあえず現在0SIM運用中のNexus 5xに導入して環境再構築中です。今のところ特に不安定な動作は見られませんが一応現在のDP1はアルファ版相当のビルドですのでメイン端末としてNexusを利用しているのであれば導入しないほうが無難かもしれません。

関連リンク

Android O Developer Preview : Google

 

広告

1件のコメント

  1. ピンバック: 最近の出来事(2017年3月分) | XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中