実車は昨年ひっそりと生産終了。ヤマト宅急便オリジナルミニカー「ウォークスルーW号車」レビュー

yamato_top.jpg

画像はWikipediaより引用

何気にクロネコヤマトのクロネコポイントがたまっていたため、前から気になっていた「クロネコヤマトオリジナルミニカー ウォークスルーW号車」のミニカーを注文しました。

これは最終的にはヤマト宅急便専用車両として2016年まで生産されていた「トヨタ・クイックデリバリー(3世代目)」を忠実に再現したミニカーになります。ホイール周りのデザインがトミカにもよく似ていますがトミカではなくあくまでオリジナルミニカーです。

というかクイックデリバリーひっそりと生産終了になってたんですね。いまだにヤマト宅急便専用車両として街中ではよく見かけるモデルではありますが、今後は徐々に見られなくなっていくとみられるので少し寂しい限りです…

DSC_1253.jpg

パッケージ自体もクイックデリバリーのそれを再現したものになっています。リサイクルショップなどでたまに流れてくることはあるものの基本的にはクロネコポイント限定でしか入手できないミニカーなのでパッケージも大事に保管しておきたいところですね。

DSC_1254.jpg

フロント周りはこのような感じになっています。トヨタのCIマークこそ再現されていないものの一目見れば「それ」だとわかるデザインになっています。ダイナ(トヨタのトラック。クイックデリバリーのベースになっている)顔ですね。

ちなみに左側面のドアはちゃんとスライドドアになっていて開くことができます。

DSC_1255.jpg

リア周りはこのような感じになっています。トミカやマジョレットなど同スケールのミニカーと比べると若干大雑把な感じはしますがクイックデリバリーの特徴はきちんと再現できているんじゃないかと。

DSC_1256.jpg

非常に細かいところですが、バックドア(こちらも開きます)部の「エコドライブ実施中」のステッカーや

DSC_1257.jpg

子供が誤ってはいらないようにするための警告ステッカーも忠実に再現しています。

クイックデリバリーという車は初代から最終モデルである3世代目も含めミニカーとしてモデル化されているのですが、ヤマト宅急便に関してはライセンス関連がややこしいらしく、この仕様のクイックデリバリーのミニカーは実はこのオリジナルミニカーだけだったりします。

最終的にヤマト運輸専用車両として生産されていた本車種も前述のとおりすでに昨年生産終了となっているため、このミニカーも近いうちに入手できなくなる可能性もあります。

クロネコポイントがたまっているという方は早いうちに入手しておいたほうがいいかもしれません。

関連リンク

クロネコポイントキャンペーン :  ヤマト運輸

トヨタ・クイックデリバリー : Wikipedia

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中