20170422_175327(1).jpg

秋葉原ゲオモバイルでは土日しか空かないジャンクスマートフォン専用コーナーという専用フロアが存在しています。

かつては通常のゲオモバイル店舗同様普通に通常中古白ロムと一緒にジャンクコーナーが存在したのですが、あまりにトラブルが多かったのか秋葉原店だけは土日・時間限定でオープンする専用フロアが設けられています。

近年ではGEOジャンク自体そこまでチェックしていなかったため、ジャンクブースが閉まる時間前くらいに余りものをチェックしに行く程度だったのですが、本日はちょうどウィンタブさんの記事のネタを探しに割と早い時間から秋葉に出向いていたため、GEOジャンクコーナーにちょっと早めの時間(午後5時半)に並んでチェックしてみることにしました。

ベースはAQUOS Compact SH-02Hのディズニーモデル

20170422_173124.jpg

目玉になるような端末は午前中の段階で売り切れになってしまった可能性はあるものの、かつてかのあゆがメインにしようとしていたGalaxy S4 SC-04Eが3,980円という個体が存在したり、タブレットではHuawei MediaPad M2 8.0をベースがもとになっているdTab Compact d-02Hが2,980円で販売されているなどそれなりに気になる商品は存在したものの、いまいち衝動買いする気にはならなかったのですが、よく見たらなんかどこかで見たことあるようなろりこんぱくと端末が…

よく見たら2016年春モデルとして投入された「AQUOS Compact SH-02H」をベースにディズニー仕様にカスタマイズした「Diseny Mobile DM-01H」が3,980円になってるではないじゃないですか!

当時本機と競合するのはXPERIA Z5 Compact SO-02H。スペックはヘキサコアのQualcomm SnapDragon 808、RAMは3GB、現在のろりこんぱくとXcちゃんと比べても魅力的なFHD IGZOディスプレイとろりこん端末好きには魅力的な端末!

Twitterによると先週からあったようでその時は値段が1万円に設定されていたようですが、なぜか売れ残っており価格も3,980円と2016年発表端末なのに狂ったような価格設定でコンディションも一見おかしいところはないので店頭に滞在できる残り時間が1分切った時点でレジに走って購入してしまいました。やっぱり漏れろりこんぱくと好きだなぁ…

20170422_182135.jpg

購入後充電してあげてからシステムを起動してIMEIを確認してみたのですがSIM差し運用も問題なしの〇判定。本当に何がジャンクなのかよくわからない価格設定だったのですが、よく見たら背面パネルに浮きが見られたためこれがジャンクに落ちた理由なのかもしれません。

一応もともと防水端末ですしこれはこれで致命的ではありますからね。ただケースをつけちゃえば気にならないですしそれ以外は特に気になるようなところはなく、そもそもイオシスでまともな同一端末の中古価格を確認したところいまだに39,800円程度で販売されているのを確認したのでアホみたいに安いです。

ただしベースになっているAQUOS Compact SH-02HはストックのAndroid 5.1.1からAndroid 6.0.1→Android 7.0へアップグレードされているのに対して本機はディズニーモデルという宿命かセキュリティアップデートと不具合修正は行われているものの、ストックのAndroid 5.1.1でアップデートが打ち切りとなってしまっています。なんでや!夢の国仕様ならNougat食わせてくれてもええやん!

とはいえ一応現在でもドコモショップでは(在庫処分扱いにされているとはいえ)現役で販売されている端末ですし、現在もXPERIA X Compactとmonoくらいしかこのサイズの端末は存在しないので非常に希少。なによりシャープがこのサイズの端末を出してくれたこと自体が奇跡みたいで非常にありがたく、オリジナルのAQUOS Compactは非常に気になっていただけに今回入手できたのは非常に非常にうれしいです。

実機レビューのほうは近いうちにこのブログで行いたいと思います。

 

おまけ:こちらはウィンタブさんでネタにしようと思ってますが同時に日本国内初のAndroid端末、htc Magic(あるいはT-Mobile MyTouch 3G)ことHT-03Aをじゃんぱらで500円で確保しています。こちらはウィンタブさんのほうでネタ記事にしようと思っています。これ初回セットアップにSIMさす必要あるんだよなぁ(白目)

関連リンク

docomo Disney Mobile DM-01H

広告