WP_20170523_18_41_36_Pro

ついにauとドコモから今年最新のGalaxyフラッグシップモデル、Galaxy S8/S8+の日本正式投入が発表されました。

またドコモに関してはフラッグシップモデルとは別に安価なろりコンパクト端末としてグローバル版Galaxy A3(2016)の筐体をベースにGalaxy A3(2017)のハードウェアを実装した日本オリジナルミッドレンジモデル「Galaxy Feel」も投入されています。

Galaxy S8に関しては発表当日(5月23日)に一部auショップで実機展示が始まっていたので実機レポートをウィンタブさんに寄稿しています。ご参考にしていただければ幸いです。

Galaxy S8 ー 国内au版を触ってきました!2017年のフラッグシップモデルはすごかった!(かのあゆ)

Q. S7 Edgeから乗り換えるべきか A.S7 Edgeでいいじゃん

IMG_20170526_140614

Galaxy S8/S8+の投入をもってついに昨年のフラッグシップモデルであるGalaxy S7 Edgeも旧モデルということになってしまいました。すでに一部のキャリアショップでは販売終了になっているところもあり、残っているショップも在庫処分という形で安価で入手できるようになるのではないでしょうか。

Galaxy S8/S8+は非常に魅力的な端末です。最新のQualcomm SnapDragon 835プロセッサ、容量が倍増してより多くのアプリをインストールできるようになった内蔵ストレージ(ただし、S835モデルに関してはUFS 2.0/2.1規格が混在しているようですが、個人的にはあまりそこまで気にする必要はないんじゃないかなぁと思っています。eMMCモデルまで混在していたら問題ですが、UFS 2.0でも十分高速ですし)、そして何より筐体ぎりぎりまで液晶サイズを広くした「Infinity Display」は一目見ただけでインパクトがあり、正直実機を見たら「ほしく」なってしまいました。

ドコモ・ソフトバンク・au3キャリアで投入されているXPERIA XZsは例の通り偽りのフラッグシップで今年後半には”また”新フラッグシップが投入されるのが確定しているようなので、今年度前半のキャリアモデルで最も注目されるべき端末は間違いなくGalaxy S8/S8+なのではないでしょうか。

ただし、前モデルのGalaxy S7 Edgeユーザーが乗り換えるべきかと言われればどうかなぁというのが正直な感想だったりします。

デザイン面に関しても初代Galaxy Sからの流れを受け継いだものとしては集大成ともいえる完成度の高いものとなっており、今でも魅力的ですし、SnapDragon 820も十分ハイエンドなSoCです。(というか近年のハイエンド向けスマートフォンのSoCの性能向上はすでに異常なレベルで進化し続けているので正直スマートフォンとしては現在のミッドレンジクラスでも基本不満なく利用できます)

Screenshot_20170528-153022

また日本国内版Galaxy S8/S8+に関しては売りとなっているBixbyの音声アシスタンス機能が当面利用不可能、Continuum For MobileのGalaxy版ともいえるDexもドコモ・au版ともに対応ドックの販売予定が現状ではないため、グローバル版のオプション品として売っているドックを購入しないと利用できない点や、Galaxy S6世代以降はAndroid 7.0にアップデートすることでToucuWiz UIのUXが「Galaxy Experience 8.0」にアップデートされ、TouchWiz UI HomeやBixby関連の機能が実装されていないことを除けばほぼGalaxy S8/S8+と同じものに共通化されることもあり、正直「それでもS8/S8+に惚れたので乗り換えたい!」というユーザーでもない限り来年のS9世代が発表されるまでS7 Edgeを使い続けてもいいのではないでしょうか。

20170528_151148

Galaxy S7世代に関しては乗り換えるにはまだ早い感はありますが、すでにAndroid 6.0.1でアップデートが打ち切りとなってしまっているGalaxy S5世代や発売から2年経過したGalaxy S6世代のユーザーさんであればカメラもデュアルピクセル技術を搭載してきれいな写真が撮影できるようになっており、スペックも大幅に強化されていますので大いに乗り換えを検討する価値はあるのではないでしょうか。今回のS8/S8+もそれだけ魅力的な端末に仕上がっています。

それでもやっぱりS8欲しいですけどね…(ぉ

関連リンク

Galaxy S8/S8+ : Galaxy Mobile Japan

広告