まいてつがPS4へ移植決定という話から見るPS Vitaというハードの限界と次の展開について

はぁれいなたん!れいなたぁぁぁぁぁぁん!!

 

公式ではまだ一切正式な発表は行われていませんが、Loseが2015年に発表したPCソフト「まいてつ」が遂に念願となるコンシューマー移植を果たすことになります。

プラットフォームはPlayStation 4で発売元は前作「ものべの」のコンシューマー版をリリースしたドラマティック・クリエイトではなく、ヴューズから発売されます。

ただしヴューズのコンシューマーブランドである「イエティ」のWEBページは2015年から更新されておらず、

またPS Vitaに移植予定となっている「Clover Day’s」が2年延期になっている事実から

あまりAmazon.co.jpで発表されている発売時期を当てにしていいのかどうか微妙なところではあるのですが…

PlayStation VitaではもはやフルE-Moteは荷が重いか

対応ハードがポータブルゲーム機のPS Vitaではなく現行据え置きゲーム機であるPlaystation 4で発売されることになりますが、

この作品の場合株式会社M2が開発したアニメーション技術である「E-Mote」がフルで使われているため、

PS Vitaのハードウェアではもはや完全移植を行うには厳しい状況になってきたうえでの判断かと思われます。

当初かのあゆはPS Vitaあたりならまだ余裕で移植できるだろうと思っていたのですが、

考えてみればPS Vitaのスペックは

すでに旧世代となってしまっているPowerVR SGX 543 MP4+(iPhone 4s~5で採用されていたものと同世代のモバイルGPU)

Cortex A9 4core

512MB RAM

という構成であるため、いくらE-Mote SDK自体はPS Vitaをサポートしているとはいえ、全編で採用されているまいてつを完全移植するにはもはや厳しいスペックになってしまったのかもしれません。

思えばNext Genelation Portable(NGP)名義で発表されてからすでに6年経過しており、

当時はモバイル環境としても最先端のハード(当時のスマートフォンはようやくデュアルコアSoCが主流になり始めたころだった)だったPS Vitaも

すでにミッドレンジスマートフォンにすら性能面においては追い抜かれてしまっている事態になってしまっています。

もちろんPS Vitaの場合はゲーム機なのでOSなどのチューニングはゲーム用に最適化されており、今でも十分現役のゲーム機ではあるのですが

そろそろゲーム機としてのモデルライフも末期に向かっているのかなぁというのが正直な印象だったりします。

まいてつはコンシューマー版から「次のステージ」へ

ちなみにまいてつに関してはEntyなどで展開されていた新キャラクターや成長した本編キャラクターのイラストなどが公開されており、

これが今回のPlayStation 4版に適用される可能性もあります。

(”続編”という表記もあったのでもしかするとファンディスクなどで登場する新キャラクターの可能性もありますが…)

またAmazon.co.jpの商品ページによるとこれがまいてつは今回のPS4版から「新ステージ」に向かうとのことで、

ビジュアルファンブックのインタビューにもあったLose作品としては初の「アニメ化」の企画も着実に動いているものと思われます。

何にせよかのあゆはまいてつの新展開に期待しています。はぁれいなたぁぁぁん!

関連リンク

Lose

まいてつ(原作PC版商品ページ 注:18禁コンテンツあり) : Lose

まいてつ Playstation 4版 : Amazon.co.jp

Galaxy S8 SM-G950FDに”例のドット”が追加されるアップデート配信開始。

Screenshot_20170626-161330

国内キャリア版ではすでに先行して配信されていましたが、Exynos版Galaxy S8 Duos SM-G950FDにも最初のシステムアップデートの配信が開始されました。

今回のアップデートでビルドナンバーがG950FXUU1AQF7/G950FOXM1AQF7/G950FXXU1AQF7に更新されます。アップデートファイルは約600MBほどと大きめになっているため、モバイル回線ではなくWi-Fi環境でのアップデートを強くお勧めいたします。

今回のアップデートの内容は

2017年6月分のAndroidセキュリティパッチの適用

ナビゲーションバーの表示切替ボタン追加

カメラのパノラマ撮影時の画質を向上

となります。

内容としては先行して配信されている国内版と同様となりますのでこちらの記事で今回のアップデートに関してわかりやすく解説されています。

ドコモの「Galaxy S8」でソフトウェア更新したら「謎の点」が出た件 : ITmedia

ドコモ版の場合「より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。」とやる気があるのかないのかわからない修正内容しか書かれていないためどんな修正内容なのか更新しないとわからず非常に困るのですが、今回グローバル版に振ってきた更新と同等の内容であればナビゲーションバー表示切替ボタンの追加のほか、グローバル版同様パノラマ撮影時の画質の調整も行われているはずです。

ナビゲーションボタンの表示切替ボタンは銀河ちゃんS8の最大の特徴であるInfinity Displayを思いっきり生かして大画面でコンテンツを楽しむことができるので個人的にはありがたい限りです。

関連リンク

シンガポール版Galaxy S8にナビバー非表示ボタン追加のアップデートが配信中 : さいあの!

銀河ちゃんS8(SM-G950FD)に関していろいろと

IMG_20170624_094315.jpg

前の記事にもちょっと取り上げた通りGalaxy S7 Edge SC-02Hが急死したため急遽Exynos 8895 Octa版Galaxy S8 Duosに乗り換えました。

こちらの機種レビューのほうはウインタブさんのほうで近いうちに記事としてあがると思いますのでこちらのほうでは使ってて思った点だけ簡単にまとめようと思います。

死にたくなければケースを付けたほうが良い

「タフネス」を謳っているCAT S40やTORQUEシリーズのような端末でもない限り、落下させてしまえばどのような端末であれ確実に割れるのですが銀河ちゃんS8に関しては「死にたくなければ液晶ガラスフィルムとケースはつけとけ」というのが正直思ったところだったりします。

グローバル版発売時点ですでに「割れた」報告が多数報告され、今月発売した国内キャリア版を早くも落下させて悲惨な状態になってしまった報告が良く見られます。

非常に美しいデザインの端末なので全裸運用したいという気持ちはわかるのですが、今回前面がほぼ液晶で構成されてる端末なので落下させた場合本当に悲惨な状態になりそうです。

幸い今回は前モデルのS7えっちっちーよりえっちっちーディスプレイも緩やかになったこともあり、家電量販店でも全面保護してくれるタイプの「まっとうな」ガラスフィルムを確保することができますし、SPIGENがMIL規格に対応した頑丈なケースなどを販売しているので一緒にそろえておくと精神的にも安心できるのではないでしょうか。

デザインをそのまま保ちたいならTPUケースでも十分保護の役目を果たしてくれると思います。かのあゆはこちらを購入しました。

Nimaso Samsung Galaxy S8 TPU ソフト ケース 360°保護ケース クリア 透明ケース 薄型 軽量 傷つけ防止 滑り防止 衝撃吸収 ストラップ ホール 付き サムスン ギャラクシー S8 用 耐衝撃 カバー

家電量販店で購入できるケースより非常に安価な価格で手に入りますが薄くてちんまくてぺったんこなGalaxy S8にぴったりフィットしてくれる上にカメラ部や指紋認証センサー部をしっかり保護してくれる高品質なケースとなっています。

Quick Charge 2.0急速充電の速度が少し落ちたっぽい

国内でSC-02J、SCV36として発売されているSnapDragon 835版、Samsung独自のハイエンドCPUであるExynos 8895版ともにQualcomm QuickCharge 2.0に対応しています。

SnapDragon 835版は今回もQuickCharge 3.0や4.0の採用が見送られていますが、これはグローバルモデルで採用されているExynos 8895でサポートできる急速充電の方式と共通化させたいという都合上によるものと思われるのである意味やむなしですし、QC 2.0でも十分早いので特に不満はないのではないでしょうか。

ちなみにExynos 8895版はこれとは別にSamsung独自の急速充電規格であるSamsung Adaptive Fast Chargingにも対応。付属しているACアダプタはこの規格に対応したものとなります。

前モデルであるSnapDragon 820版銀河ちゃんS7えっちっちーはカタログやWEBサイトなどで「110分で満充電できる!」と記載されている通り、QuickCharge 2,0対応アダプタやモバイルバッテリーで充電した場合偉く速く充電が完了していたのですが、S8世代ではこの挙動に調整が加わったようでS7世代よりは充電速度が遅くなっています。

国内版S8/S8+のカタログを見ても「急速充電対応」という記載はあるものの「xxx分でフル充電可能」という記載はやめており、昨年は例のNote 7の件もあったため、余りバッテリーに負担をかけるような充電形式はやめて十分な速さとバッテリーの負担を考えたバランス調整を行った可能性があります。

Exynos 8895版の挙動しか見ていないのでSnapDragon 835版の挙動がどうなっているのかは気になるところですが…

SnapDragon 835版よりExynos 8895版のほうが全体的な性能は高い

国内SC-02Jのベンチマークスコアはとくめい鹿さんのところで掲載されています。

細かい気配りが使いやすい「Galaxy S8 SC-02J」の設定・便利機能・スペックをチェック

Exynos 8895版についてはウインタブさんのレビューのほうで掲載される予定ですが、S835版が16万程度、Exynos版が17万程度のスコアとなっており、GPU周りのスコアもSnapDragon 835に内蔵されているAdreno 540よりExynos 8895版のMali-G71 MP20(その名の通りコア数が20)のほうがワンランク高いベンチマークスコアをただき出しています。

この辺を踏まえるとExynos 8895版のほうが性能は若干高いようですが、SnapDragon 835もフル版Windows 10のサポートを前提にいろいろな面が強化されているハイエンドSoCであり、どちらも一昔前のPC向けハイエンドCPUと同レベルの性能をただき出す化け物ですので不満を感じることはないですし、正直気にする必要もないと思います。

というかとくめい鹿さんの記事にもあるとおり、S820世代の端末ですらそういう携帯電話としてはオーバースペックすぎる化け物じみた性能となっているのでS7えっちっちーで満足しているのなら乗り換える必要はないと思います。かのあゆもS7えっちっちーが死ななければ…

関連リンク

Galaxy S8/S8+(国内キャリアモデル) : Galaxy Mobile

銀河ちゃんS7えっちっちーのPC接続部が死亡→グローバル版銀河ちゃんS8に急遽リプレースへ

IMG_20170621_155407.jpg

今日あたりにウインタブさんに詳細記事が掲載されると思いますが、3日前にメイン端末として愛用していたGalaxy S7 EdgeのmicroUSB端子が死亡しました。

正確に言えば低速充電であれば機能するのですが、PCデータ接続用の回路が何らかの理由で故障したようでPC接続、および充電モード切替時に通信が必要となるQualcomm QuickCharge 2.0が使えなくなりました。

通常充電モードもなぜか利用できなくなっており、USB充電相当でしか充電できなくなってしまったため、バッテリー残量からフル充電にかかる時間が電源オンの状態で5時間かかってしまい、正直携帯電話としても使っているメイン端末としては運用が厳しい状態になってしまいました。

ウインタブさんの記事を書いていた時点では動作確認していなかったので記載していませんでしたが、モバイルバッテリー(TronSmart Presto 10400mAh。Qualcomm QuickCharge 3.0対応)もQuickCharge充電が使用できなくなっていたため、どうも何らかの原因でS7EdgeとPresto両方のQC制御用回路をショートさせてしまったようです。

Prestoのほうは保証対象期間になっているので交換できるのですが、S7 Edgeのほうは中古保障のほうも購入から一か月経過しており、キャリアショップ経由での修理も高額になることが読めたのでメイン端末を急遽リプレースすることにしました。

IMG_20170622_010924.jpg

どうせ乗り換えるなら今年最高の、本当に長く使える今年のフラッグシップモデルにしようということで、Galaxy S8(Exynos 8895 Octaモデル)のグローバル版であるSM-G950FDを購入しました。色はオーキッドグレー。ちょうど池袋のじゃんぱらで中古が出ていたのと発表した時から最も気になっていた端末で、ウインタブさんで何回か記事を書いて国内キャリア版のホットモックを見てるうちに惚れこんでしまったので国内版Huawei P10と迷ったものの結局S8を選ぶことに。

タイミングが合えば国内ドコモ版を買ったほうがいろんな意味でベストだったのですが、国内版は今月初めに発売したばかりなのもあってまだ出回っていないのでグローバル版を必然的に選ぶ結果となりました。

この機種の詳細レビューもウインタブさんで執り行おう予定です。

価格的に8万ちょっとの端末でちょっと今回の購入は無理してしまった部分もあるので今度こそ2年間大事に運用していこうと思います。

S8はUSBデータ通信部が死んだという事態になることだけは避けたい限りです…このような故障はあまり聞かないのでまれなケースだとは思いたいのですが…

余談ですが、購入と同時に液晶ガラスフィルムとプラスチックカバーを購入しました。

えっちっちーの時は発売から1年たった時点でも国内の家電量販店でまっとうなガラスフィルムがなくてアレだったのですが一応今回はちゃんと液晶面をちゃんとフルカバーできるガラスフィルムを入手することができました。

IMG_20170622_010936.jpg

タッチ精度が鈍った感はあるものの一応液晶面をちゃんとカバーしてくれるという意味では満足していたのですが、プラスチックカバーが購入1日たった時点ですでに傷だらけという悲惨な状態になってしまったので改めてAmazon.co.jpでTPUケースを注文しました…

関連リンク

Galaxy S8 & S8+(国内キャリア版SC-02J&03J、SCV35&36)

Samsung、Galaxy Note 7の改良版であるGalaxy Note 7 FEを投入へ。

Samsungのファブレット端末、「Galaxy Note 7」は2016年最高のAndroid端末と評するメディアも存在したほど高い完成度を持ち、日本でも2014年冬に発売した「Galaxy Note Edge」以来久々に日本投入が確定していたものの、バッテリーの設計ミスによる発火トラブルが相次いたことによりグローバル版は回収、所有し続けているユーザー向けにはバッテリー充電が不可能になる「文鎮化」パッチを提供。日本での投入もキャンセルになってしまうなど非常に残念な結末を迎えましたが、そのGalaxy Note 7の回収した筐体のバッテリーを設計上問題のないものに変更した改良版「Galaxy Note 7 FE」が一部地域に向けて7月7日に再発売されることになります。

リコール問題が起きた3,500mAhのバッテリーは問題のない3,200mAhのものに変更。ストックROMもオリジナルのAndroid 6.0.1から新UI「Galaxy Experience 8.x」を採用したAndroid 7.0に変更されています。

さらに日本キャリア版も先日発売されたGalaxy S8/S8+世代から搭載された総合アシスタンス機能「Bixby」も新たに実装されるとのこと。

スペック的にもSnapDragon 820、4GB RAMを採用し、今でも十分フラッグシップモデルレベルの性能を維持していますが、当初噂になっていた3〜4万という価格設定ではなく7万という価格設定になるようで、さらに時期的には次期モデルであるGalaxy Note 8の投入も噂されているため、復活のタイミングとしてはかなり微妙なタイミングになってしまったのではないでしょうか。

またGalaxy Note 7 FEという端末の性質上日本に入ってくることもないかと思われます。

NuAns NEO(Win10M)のCoreのみが破格に。もはや最安値か。

20170512_083126

ウィンタブさんのほうにも記事を寄稿しましたが、イオシスのリアル店舗のほうでNuans NEO(もちろん9日に発売したばかりの[Reloaded]ではなくWindows 10 Mobile搭載の無印版)のCoreのみが9,980円まで値下げされています。またカバー付きのほうも種類を選べるようになっており、こちらは15,800円で販売中となっています。

20170610_185900

セール情報 ー イオシスでNuans NEOがさらに値下げ。本体のみであれば9,800円に!(かのあゆ)

もちろんCoreだけでは背面がむき出しになる関係上使えないので何らかのカバーを用意する必要がありますが、価格設定的には定価29,800円のものが9,980円と2万円引きというとんでもない価格設定となっています。

スペック的には十分な性能を確保し、無線ContinuumもサポートしたSnapDragon 617に2GB RAM、HD液晶と充実しており、Windows 10 Mobileのソフトウェア環境で運用していけるのであれば十分メインとしてもやっていけます。NFCも搭載しておりFelica(NFC Type-F)の読み込みもサポート。

デザインもほかのスマートフォンにはない魅力的なものとなっていますし、何より9,980円という価格はSnapDragon 210搭載ローエンドモデルと同価格帯なのでかなり暴力的な価格設定になっているのではないでしょうか。

少なくともハードウェア仕様がアレすぎるKINTAMA01はこれで存在価値すらなくなったネ・・・

「Windows 10 MobileがどんなOSが試してみたい」「Nuans NEOが前から欲しかった」という方はもうこれが激安価格で買える最後のチャンスになる可能性もあるためこれを機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

もちろんAndroid版NEO[Reloaded]と同時期に発売している新TwoToneカバー/FLIPカバーはもちろん初代NEOでも使えますです。

ちなみにケース付きのほうはじゃんぱらでも大量に未開封品の在庫が販売されており、こちらは14,800円で販売中となっているためケース付きが欲しいのであればじゃんぱらのほうが若干安く入手できます。こちらもケースはTwoTone、FLIPのいずれかを選択可能になっています。

しかしこの時期にNuans NEOの未開封品がイオシスやじゃんぱらに流れてきた経緯がよくわからなくてそれはそれで気になるのですが…(汗

関連リンク

セール情報 ー イオシスでNuans NEOがさらに値下げ。本体のみであれば9,800円に!(かのあゆ)

銀河ちゃんに関してよく言われる話について

IMG_20170608_141930.jpg

Galaxyは韓国製品!爆発スマホ!

 

 

だから何?

 

 

Galaxyという端末に関してよく某ニュースのコメント欄やメーカーのツイートのリプでよくみられるのが「Samsungは韓国製品だから買うな!買うなら日本製品買え!」というものですが、正直かのあゆの場合は端末を選ぶときにいちいち製造国なんて気にしていないのでどうでもいいです。

銀河ちゃんS7えっちっちー選んだのも普通にデザインが優れていて欲しいと思ってた端末だからであり、日本メーカー製とか韓国メーカー製とかそんなことは気にしていません。

Galaxyシリーズに関しては昨年のNote 7のバッテリー設計ミスによる爆発リコール問題でイメージを落としたのは事実ですが、端末が正式に発売しなかった(爆発リコール問題が起きたため国内キャリア版はキャンセルに…)日本でも個人輸入商品の返金をしっかり行うなど、誠意のある対応を取ったと思いますし、昨日ついに国内キャリア版が発売したGalaxy S8/S8+も正直すごく魅力的な製品だと思います。ちょっといろいろ考えてます。

それにこういうコメントでよく引き合いに出されるiPhoneやXPERIAはRAMや液晶パネル、eMMCといったパーツはSamsung製品なわけですが、こういったところは都合よく無視されていたりします。Samsung製品嫌ならiPhoneやXPERIAも使えなくなっちゃうはずなんですけどね。

中国製品でも日本で頑張ってるHuaweiやZTE製品、FREETEL製品(Made In Japanを名乗ってますが、一応FREETELの端末は中華ODM機です)の一部などは本当に素晴らしいものがありますし、韓国メーカーのSamsungやLGも本当に魅力的な端末を生み出しています。もちろん日本メーカーの京セラや富士通もそうでしょう。

端末に関しては本当に製造国なんて気にしてたらまともにいい製品に出会えなくなってしまいますし、自分が好きになった一台をパートナーに選べばいいと思うんですが、どうでしょうか…