銀河ちゃんS7えっちっちーのPC接続部が死亡→グローバル版銀河ちゃんS8に急遽リプレースへ

IMG_20170621_155407.jpg

今日あたりにウインタブさんに詳細記事が掲載されると思いますが、3日前にメイン端末として愛用していたGalaxy S7 EdgeのmicroUSB端子が死亡しました。

正確に言えば低速充電であれば機能するのですが、PCデータ接続用の回路が何らかの理由で故障したようでPC接続、および充電モード切替時に通信が必要となるQualcomm QuickCharge 2.0が使えなくなりました。

通常充電モードもなぜか利用できなくなっており、USB充電相当でしか充電できなくなってしまったため、バッテリー残量からフル充電にかかる時間が電源オンの状態で5時間かかってしまい、正直携帯電話としても使っているメイン端末としては運用が厳しい状態になってしまいました。

ウインタブさんの記事を書いていた時点では動作確認していなかったので記載していませんでしたが、モバイルバッテリー(TronSmart Presto 10400mAh。Qualcomm QuickCharge 3.0対応)もQuickCharge充電が使用できなくなっていたため、どうも何らかの原因でS7EdgeとPresto両方のQC制御用回路をショートさせてしまったようです。

Prestoのほうは保証対象期間になっているので交換できるのですが、S7 Edgeのほうは中古保障のほうも購入から一か月経過しており、キャリアショップ経由での修理も高額になることが読めたのでメイン端末を急遽リプレースすることにしました。

IMG_20170622_010924.jpg

どうせ乗り換えるなら今年最高の、本当に長く使える今年のフラッグシップモデルにしようということで、Galaxy S8(Exynos 8895 Octaモデル)のグローバル版であるSM-G950FDを購入しました。色はオーキッドグレー。ちょうど池袋のじゃんぱらで中古が出ていたのと発表した時から最も気になっていた端末で、ウインタブさんで何回か記事を書いて国内キャリア版のホットモックを見てるうちに惚れこんでしまったので国内版Huawei P10と迷ったものの結局S8を選ぶことに。

タイミングが合えば国内ドコモ版を買ったほうがいろんな意味でベストだったのですが、国内版は今月初めに発売したばかりなのもあってまだ出回っていないのでグローバル版を必然的に選ぶ結果となりました。

この機種の詳細レビューもウインタブさんで執り行おう予定です。

価格的に8万ちょっとの端末でちょっと今回の購入は無理してしまった部分もあるので今度こそ2年間大事に運用していこうと思います。

S8はUSBデータ通信部が死んだという事態になることだけは避けたい限りです…このような故障はあまり聞かないのでまれなケースだとは思いたいのですが…

余談ですが、購入と同時に液晶ガラスフィルムとプラスチックカバーを購入しました。

えっちっちーの時は発売から1年たった時点でも国内の家電量販店でまっとうなガラスフィルムがなくてアレだったのですが一応今回はちゃんと液晶面をちゃんとフルカバーできるガラスフィルムを入手することができました。

IMG_20170622_010936.jpg

タッチ精度が鈍った感はあるものの一応液晶面をちゃんとカバーしてくれるという意味では満足していたのですが、プラスチックカバーが購入1日たった時点ですでに傷だらけという悲惨な状態になってしまったので改めてAmazon.co.jpでTPUケースを注文しました…

関連リンク

Galaxy S8 & S8+(国内キャリア版SC-02J&03J、SCV35&36)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中