クドわふたーのアニメ化がついに決定!現状公開されている情報でのクドフィリアの懸念と期待について

今年初めあたりから製作中であるという情報は馬場社長のコラムから明らかにされていましたが、
ついに先日「リトルバスターズ!」無印版発売10周年記念イベントの一環として「クドわふたー」のアニメ化が公式にアナウンスされました。

7月19日よりクラウドファンディングでサポーターを募り、最終的にはなんと「劇場公開」をゴールに設定しているようです。

製作は「リトルバスターズ!」「リトルバスターズ!Refrain」のアニメ化を担当したJC STAFFで
スタッフ陣もそのまま継承される形になります。

詳しい詳細はまだ明らかにされていませんが、先日放送されたビジュアルアーツの
生放送番組によると「アニメ版リトルバスターズ!」からの派生になるとのこと。

そのためか公開されたラフ画では原作クドわふたーでは帰省中だったため
寮にいないはずの真人の姿も書かれています。まさかいにょはらさんとも同居なのです?わふーーーーーーーーっ>ω<

ただこの設定どおりだと

チルヌシカさんは生存(ぼかされているが原作のように亡くなったような
表現はないためロケット事故は起きたものの無事生還した可能性あり)

修学旅行の事故とテヴアのロケット事故が起きてる

そもそもリキとクーニャが付き合っていない

ということになり、修学旅行やテヴアのロケット事故が起きておらず、

リキとクーニャが正式に「ぶらっくほわいと」済みの原作設定とは偉く矛盾した設定になってしまいます。

そのため個人的に最悪なパターンとして予想しているのは

アニメ版からの派生として書くためリキとクーニャの恋愛設定はなしで
わふいちゃシーンはカット。原作「After編」の内容を友情メインの内容に置き換える

…それクドわふじゃなくて「リトルバスターズ!Refrain 能美クドリャフカAfter」でもいいじゃん…・

ただそもそも限定配布されたOVA内の表現からクーニャのリキへの片思い設定が生きていることや
修学旅行の事故が起きた場合そもそもクドわふたーという物語自体が成立しないこと、
エンディングでリキとクーニャの一人娘かーやこと直枝架夜が生誕しており
彼女もエンディングの展開上重要なキャラクターであることから

アニメ版リトルバスターズ!からある程度分岐したものの修学旅行の事故とテヴアの事故が起きず、
なおかつリキとクーニャが「ぶらっくほわいと」済みの”もう一つの平行世界”の話

として展開されると考えたほうが自然なのではないでしょうか。

若干不安要素はあるものの、JC STAFFはリトバス原作を見事に再現してくれており、
原作愛も強い作品になっていたため
アニメ版クドわふたーも期待したいところです。
わふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ>ω<

関連リンク

リトルバスターズ!10th Anniversary オフィシャルサイト : Key

クドわふたー 全年齢対象版 : Key

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中