dobetterthings

Samsungは本日、8月23日に「Galaxy Unpack」イベント第二弾を開催することを正式に発表いたしました。

今年の3月に開催された第一弾イベントでは「Infinity Display」を採用したGalaxy S8/S8+を発表しており、今回のイベントではこのデザインを採用した、すでにSM-N950というモデルナンバーで認証を通過しているNoteシリーズの最新モデルである「Galaxy Note8」が正式に発表されるものと思われます。

(今度こそ)日本でも投入予定

GREAT-Invitation_main_1

Noteシリーズの前モデルであるGalaxy Note7は残念ながらバッテリーの不具合によるリコールから日本ではドコモ版、au版の正式投入直前にキャンセルという形となり、幻のモデルとなってしまいましたが、今回のNote8に関してもすでに日本のキャリア向けモデル(ドコモ、au)が準備中となっており、特に前回のような問題が起きない限り2014年のGalaxy Note Edge以来今度こそ久しぶりに大型ファブレットモデルであるGalaxy Noteシリーズの最新モデルが日本に正式に帰ってくることになります。

特にNoteシリーズは「ファブレット」というジャンルが生まれる前から独特のサイズ感と「Sペン」と呼ばれるワコム製ペンスタイラスのサポートで日本でもファンが多い端末故に日本での再導入を待っていた方は多いのではないでしょうか。

デザイン、スペックともに現在販売されているGalaxy S8/S8+を継承したものとなり、こちらも2017年のAndroid端末の中で最も注目される一台になると思います。

これで今年の日本向けGalaxyに関してはフラッグシップのSシリーズ最新モデルS8/S8+、ハイエンドファブレットのNote8、日本向けオリジナルのミッドレンジモデルFeelで構成されることとなります。

なお前モデルのNote7に関してもタイミング的に微妙になってしまったもののバッテリー問題を解決したうえで「Galaxy Note Fan Edition(FE)」として韓国でExynos 8890モデルが販売中となっており、一部は日本のショップなどでも入荷中となっています。

関連リンク

[Invitation] Samsung Galaxy Unpacked 2017: Do Bigger Things : Samsung

広告