今年も残りわずかということで、ウインタブさんで「2017年に使ったガジェットでお気に入りのもの」をまとめようという企画があったのでかのあゆも記事にさせていただきました。

【歳末特集】2017年に使ってみて、すごく気に入ったガジェットを紹介します(かのあゆ編)

ベスト端末はやっぱりGalaxy S8が一番強い印象が残っていますが、LeEco Le Max 2、Xiaomi Mi Pad 3、Jumper EZBook 3 SEも現在絶賛愛用中の大事な端末の一台に入ってます。

特にJumper EZBook 3 SEはPCとしての性能はそこそこですが普段使いには十分すぎる性能と、高品質なIPS FHD液晶、狂ったように持つ異様なバッテリー持ち(この辺はさすがもともとAtomとして開発されていたApolloLake世代のCeleronだけはあります)も相まって現在のモバイルPCはThinkPad x230ではなくてこちらに移行しつつあります。
デザインがMacBook Airそのものっぽいのでドヤれそうなのもry

Tronsmart Presto PBT10は銀河ちゃんS8と同時期に購入したモバイルバッテリー。入出力ともにQuickCharge 3.0に対応しているだけでなく、Huaweiの独自高速充電規格であるFCPにも対応している先進性と値段のバランスが優れている点で自費購入したのですが本当に選んでよかったと思っています。
持ち歩く端末が増えてきているのでもう少ししたらもうちょっと容量が大きめのバッテリーを購入しようと思っていますが、その時もTronsmart製品を選ぶ予定です。

正直そのほかSnapdragon 820を搭載したコストパフォーマンス淫獣ZUK Z2や銀河ちゃんS7えっちっちーの単なるクローンではない高品質端末えれぽっぽーElephone S7なんかも印象に残ってますし、中古購入したGear S2や先月買い戻したiPhone 5sなんかもないと困るパートナーになっているのですが、その中で強い印象を残した端末を記事にピックアップした結果上記記事が完成しました。

来年は中華、国内スマホともにベゼルレス化が加速していくものと思われますが、スペック面ではすでにエントリーでも十分なレベルに達していることもあって各社どのような個性を加えて売っていくのか、そして来年はどのような端末に出会えるのか、非常に楽しみにしています。

広告