カフェインデトックス失敗したので再開しました

カフェイン抜きですが途中までうまく言ってたのですが結局また頼って体調崩し始めたので再度カフェインデトックス再開中です。

何にしても適度って言っておきながらこれなんで世話ないですね…今回は本当に徹底しようと思います。飲まないでしっかり寝たほうが本来はベストですしね。

Nuans NEOにWindows 10 Creators Update(Build 15063)の配信が正式に開始

20170513_064424

すでにトリニティの公式ブログでも告知済みとなっていますが、NuAns NEOに5月の定例アップデート扱いでWindows 10 Mobile Creators Update(Build 15063)の正式配信がスタートしています。

[NuAns NEO]Windows 10 Mobile Creators Update配信開始 : Trinity Weblog[Trilog]

20170513_064151.jpg

かのあゆのNEOはすでにInsider Preview経由で先にBuild 15063を適用していたのですが、同時期に「Localization for Japanese」の更新が降ってきていました。

今回NEOに降ってきた正式ビルドは5月のセキュリティアップデートが適用されたBuild 15063.297となります。Insider Preview経由で15063.2まで適用していた手持ちのNEOも日本語ロケール関連のアップデートで同ビルドに更新されていました。

Windows 10 MobileのほうのCreators Updateに関しては目立った新機能は本当に少なく、わかりやすい変化といえば標準アプリに「Paint 3D」で出力したデータを観覧するためのビューアーである「View 3D」がプリインストールされるようになったことでしょうか。なおPaint 3DそのものはWindows 10 Mobileには現状対応していません。

噂されていたContinuum For MobileでのマルチウィンドウのサポートやMicrosoft Edgeでの機能拡張のサポートもCreators Updateでは実装されておらず、PC向けのそれと比べると更新内容は本当にひっそりとしたものとなっています。

これらの機能に関してはおそらく昨日正式に発表された「Redstone 3」こと「Windows 10 Mobile Fall Creators Update」で実装されていくものと思われます。

トリニティ公式ブログの星川社長の記事だと今後Fall Creators Updateも配信されるようMicrosoftと取り組んでいくとのことなので一ユーザーとして期待しています。

今月は[Reloaded]も遂に発売しますし、それに伴いカバーの種類も一気に増えるのでどちらのNEOもいろいろと楽しめそうですネ!

関連リンク

[NuAns NEO]Windows 10 Mobile Creators Update配信開始 : Trinity Weblog[Trilog]

Nuans NEOとGalaxy S7 Edge、ZenWatch 2(+メガネ)に塗るだけでOKの「Liquid Armor Plus」を塗ってみた

20170512_083126

友人からの誕生日プレゼントで先日日本でも正式発売開始となった「Liquid Armor Plus」をいただいたので現在使用中のガラスフィルムがその特殊な形状故液晶面をすべてカバーできず逆に使いづらくなってしまったメイン端末のGalaxy S7 Edge、すでに店頭では専用フィルムの入手すら困難になってきているNuAns NEO、時計故に液晶フィルムなど貼りたくないZenWatch2に散布してみることにしました。

詳しいレビューのほうはウィンタブさんで執り行おうと思っていますが、この製品は「液晶ガラスに特殊なコーティングを施すことによって強度を上げる」タイプの製品になります。

そのため端末を誤って落下させてしまえば当然端末の液晶がそのまま割れてしまうため、本来の意味での液晶保護という意味ではやはり保護フィルムや保護ガラスフィルムのほうが安全だと思いますが、耐傷性という意味では気泡やほこりが入るということもなく、ガラスフィルム並みの強度に強化してくれるので「フィルムなんて貼りたくもないけど液晶に傷が入るのもヤだ」と考えている人は試す価値はあるのではないでしょうか。

NuAns NEOに関しては購入当初はすでに店頭で純正専用フィルムの取り扱いをやめていたこともあり、暫定で汎用液晶フィルムを張ってはいたのですが前面をカバーすることができず、美しいNuAns NEOの筐体デザイン自体を損ねてしまうようなものだったのではがして運用していたところ、やはりゴリラガラスやドラゴントレイルなどを採用していないこともあってか2か月程度で細かい擦り傷がついてしまったので…NEOに関しては液晶フィルムはあるものの、残念ながら専用ガラスフィルムは途中で発売中止になってしまったようなので塗るだけで液晶の強度を上げてくれるLiquid Armor Plusの恩恵が一番大きいかもしれません。

(今月発売するAndroid版[Reloaded]はDragonTrailを採用しているので通常利用時の耐傷性はオリジナルのNEOより大幅に強化されています。)

この手のコーティング剤自体は以前から存在はしていたのですが、「塗ってから乾くまで24時間は端末の利用が不可能」かつ「効果の持続期間は6か月」という製品がほとんどだったためいまいち微妙だと思っていたのですが、Liquid Armor Plusは「塗ってから10分で通常利用可能」「効果は1年持続」するようですので液晶端末にはガラスフィルムすら貼りたくない!という方やそもそもフィルムの種類が限られている端末を使っている方は試してみる価値はあると思います。ただやはり液晶フィルムや液晶ガラスフィルムのほうが万が一の落下時の保険にはなると思います。

関連リンク

DYNAFLO : Liquid Armorシリーズの販売元(英語)

Liquid Armor Plus : B&Sパートナーズ株式会社(日本正規販売元)

5K Player/WinX Media Transとかいうアプリ開発元が非常に香ばしい件について

Yahoo!ニュースでのこの記事でも話題にされていますが、「フリーブックス」という著作権違法のコミック配信サイトが閉鎖されているのですが、このどう見てもアウトな違法サイトをさも合法のように紹介しているソフトウェア開発会社が存在したりします。

フリーブックスという海賊配信サイトの謎 : Yahoo! Japan

Googleでも「フリーブックス」とググると検索に引っかかるのですが「5K Player」という動画再生アプリの開発元である「DearMob.inc」の日本語版サイトの記事がフリーブックスをさも合法サイトのように紹介しています。

このアプリの開発元によると(おそらく権利者関連の問題で)閉鎖されたフリーブックスという違法マンがアップロードサイトは

  • フリーブックスはサイト運営者ではなく、フリーブックスの利用者が自己責任においてアップロードしているので違法ではない(????)
  • フリーブックスにアップロードされたファイルは権利者から訴えがない限り違法性があるとは判断できない(!?!?!??)
  • そもそも古い漫画をアップロードすることはその作品が売れない業者(おそらく出版社)にとっては逆にうれしいチャンス(合法的に利益が入ってこないのにどううれしいチャンスと?)
  • フリーブックスで漫画を見るのは違法ではない!

なかなかにすごい理論ですね。この理論通りで行ってしまえば

「DearMob.inc(と親会社のDigiArty.inc)が開発してるアプリのクラックツールを開発するのもクラックツール開発元の自己責任においてだからどんどん割ってもいいよ!」

ということなのでしょうか。

ちなみにこの会社はiTunesの代替ソフトである「WinX Media Trans」の開発元である「DigiArty.inc」社の子会社のようです。一応WinX Media Trans自体は日本国内でももともと重いiTunesの代替先としてそれなりに評価はいいようですが、5K Playerの評価は関連付けを勝手に変更する、アンインストールがうまくいかないなどアレなようですし、そもそも日本では違法となったDVDのコピーガードツールの紹介・販売まで行い、ステマ行為も行っている会社のようですのでかのあゆとしてはお勧めしません。

*DigiArty.inc社自体のブログ記事も検索トップにヒットし、リンク先では一応まっとうな漫画配信サイトを紹介してはいますがやはり違法サイトらしきコミックサイトの紹介記事を平然と上げていたりするので「そういう会社」なのでしょう。

 

Galaxy S7/S7 Edgeにおける公式リカバリモードの入り方について

IMG_20170509_211757.jpg

Android端末の使用中に何か問題が発生した場合、「キャッシュパーティション」を初期化してアプリのキャッシュを再構築してあげることで問題が解決することがあります。

ただし日本国内で販売されているキャリアモデルに関しては近年ではこの作業を行うことができる「リカバリモード」が無効化されていることが多いのですが、Galaxyに関しては現在の国内向け最新モデルであるGalaxy S7 Edgeでも公式リカバリモードが有効化されています。

(SIMフリー端末はメーカーによりますがGoogle Nexus/PixelやMotorola製端末などはリカバリモードが有効化されています)

(XPERIAの場合はブートローダーをアンロックしてソニーモバイルの公式リカバリを有効にするかrootを取ってTWRPなどのカスタムリカバリを導入しない限りリカバリモードに入ることすらできません。つまり国内キャリアモデルではrootを取ることができなくなったZ5世代以降はキャッシュパーティションの初期化は無理)

ただしその起動方法がこの世代あたりから若干わかりづらくなったので自分用のメモもかねて起動方法を記載しておこうと思います。

(本手順は国内ドコモ版Galaxy S7 Edge SC-02Hで行っていますが、基本的にはau版Galaxy S7 Edge SCV33でも同じ方法で公式リカバリに入ることができるはずです)

IMG_20170509_211825.jpg

リカバリモードに入るには電源OFFの状態で「ホームボタン+ボリュームキー上+電源ボタン」を押しっぱなしにします。

ただしS7 Edgeの場合いきなりリカバリモードに入るのではなくまずローカルストレージにおいてあるアップデートファイルを読みに行きます。

IMG_20170509_211900.jpg

アップデートファイルが内蔵ストレージやmicroSDカード内に存在しない場合、「No Command」エラーが出ます。IMG_20170509_211949

さらにこの状態で放置してるとようやくリカバリモードが起動します。

IMG_20170509_211957

IMG_20170509_212010

IMG_20170509_212024.jpg

あとは通常通り「Wipe Cache Partition」を選択すればキャッシュパーティションのデータ削除が可能になります。

ちなみに公式リカバリではこのほか

  • 署名済み公式ファームウェアの適用
  • 端末データの初期化(通常は設定から同じことができるのでリカバリから初期化する必要はありません。もちろんここから初期化を行ってもおサイフケータイ内のデータは初期化されませんのでキャリアショップで初期化してもらう必要があります)
  • システムパーティションのマウント
  • リカバリモードで表示されるアニメーションのテスト

を行うことが可能です。

IMG_20170509_212039

「Run graphics test」を実行するとリカバリモードで公式ファームウェアを適用する際に表示されるアニメーションのテストが実行されます。

いきなり「ファームウェアを更新中」表示になって驚くかもしれませんが、あくまでグラフィックス関連のテストですのでシステム更新やデータの初期化は実際には行われませんのでご安心ください。

基本的にキャリアモデルでリカバリモードを使うことはあまりないと思いますが、システム関連の不調はキャッシュパーティションの初期化を行うことで改善されることもあるので一応覚えておくといざというときに安心かもしれません。

関連リンク

Galaxy Mobile

 

エロゲ雑誌「メガストア」にはエロゲの製品版がバンドルされている

20170507_132839(1).jpg

昔から過激な表紙である意味「エロゲ雑誌らしいエロゲ雑誌」として知られている「メガストア」ですが、2012年あたりから付属DVDに「ロッドアップして入手が困難になったタイトル」の製品版をフル収録しています。

現在ではテックジャイアンでも製品版エロゲのバンドルを行うようになりましたが、最初にやったのはメガストアかもしれません。かつてはF&Cの名作「Canvas1&2」もバンドルしていたことがあったようで、こちらは近所のブックオフで定価以上の価格で販売されているというちょっと面白いことになっていました。

先々月に発売した2017年4月号にはMINTCUBEのデビュー作「あま恋シロップス」がバンドルされています。

ちょうどTwitterのフォロワーさんがメガストアにバンドルされていたものをプレイされており、2名ほど天使かわいいろりキャラがいたのでかのあゆも購入してしまいました。

rin.jpg

主人公の妹「花鳥 鈴」たんと

kokoro.jpg

神様でありどう見てもマスコットキャラな「まんじゅう様」の本来の姿である「こころ」たんですね。(中の人は初恋サンカイメのはぁリンたん!!!攻略できます。)

作品的にはサイトを見た通りの「萌え系抜きゲー」であまりプレイするジャンルではないのですが、とにかくこの2人がかわいい上に中古市場でも2,000円程度はしますし1,000円ちょっとで新品が手に入ったのであればかなりお得だったかなぁと思います。

基本的には抜きゲーがバンドルされているメガストアですが、たまにALcot作品や中古市場価格が高いプレミアがついた作品がバンドルされた作品もあるので要チェックです。なお今月のタイトルはこれですのでよっぽど鬼畜ゲームが好きな人か、ゆずソフトのスタッフがどんなものを作っていたのか興味がある方以外にはお勧めしません。

関連リンク

メガストア : コアマガジン(注:18歳未満観覧禁止)

あま恋シロップス : MINTCUBE

いわゆる 「ショップROM」についての、かのあゆの考え方について

20170501_100804.jpg

中国ECサイトのGearBestやBanggoodなどに出荷される、独自UIが搭載されたAndroid端末にはショップ側が独自に日本語ロケールやGoogle Play Storeなどのコンポーネントを追加したいわゆる「ショップROM」というものが搭載されていることが多くなりました。

具体的には古くから他機種用端末用カスタムROMを開発しており、現在では高コストパフォーマンスな端末を販売して日本でもファンが多い「Xiaomi」の「MIUI」や中国国内ではMotoloraブランドに統合される形で消滅する”らしい”という噂があるLenovo「ZUK」ブランドの「ZUI」などがそれに相当します。

最近日本ではヤマダ電機がODM商品の販売を開始した「UMI」や「Ulefone」、「Elephone」などのメーカーはGoogleが提供しているAOSP Androidをそのまま搭載しており、独自要素がないうえに元々日本語ロケールをほぼ完全な形で搭載している端末が多いため、これらの機種にショップROMが搭載されるということはまずありません。

基本的にショップROMで行っていることは

本来は存在しない日本語ロケールの追加(AOSP Androidから移植、ものによっては独自でガバガバ機械翻訳)

中国では正式にサービスインしておらず、コンポーネントが一切含まれていないGoogleアプリケーションの追加

中華独自アプリの削除

OTAアップデータの無効化

が行われています。

ZUK Z2に搭載されているショップROMはZUI独自部分に関しても機械翻訳でありながら一応それなりに「ローカライズ頑張ったんだな…」と思えるような改変は行われており、また基本的には日本人ユーザーが使いやすいようにカスタムしている善意に関してはかのあゆとしては評価していますし、少なくともかのあゆがウィンタブさんでレビューしてきた端末に関しては変なマルウェアが突っ込まれていることはなかったのでその辺に関しても安心はできるのではないでしょうか。

*ただしGearBestやBanggoodなど、日本でそれなりに知名度がある中華ECサイトに関しては問題はないはずですが、これ以外のショップから購入した端末に入っているショップROMに関してはマルウェアが同梱されている可能性もあるため注意が必要です。

海外端末は基本的には日本国内でメーカー保証を受けることは元々できませんし、LeEco Leシリーズに搭載されている「EUI」は会社自体が危なくなっておりNougatベースにアップグレードされるかどうかも不明確になってきているため基本的に安定していればリスクがそれなりにあるROM書き換えは行わずそのまま運用するのもありなんじゃないかなぁと思っています。

ただし端末メーカーとしては自社の端末にショップ側が勝手に改変を行ったROMをプリインストールして出荷するのは好ましくないでしょう。

実際XiaomiなどはショップROMをインストールされるのを防止するために公式Updaterアプリ経由でのローカルファイルからのROM書き換えが塞がれていたり(ショップROMとの差異による不具合が起きるため)、ブートローダーアンロックを行わない状態で公式ROMに書き換えるために利用する「EDLモード」にコマンドラインから入れなくする対策などを行っていたりします。

またウィンタブさんで4月に発売になったXiaomi Mi Pad 3のレビューを行ったのですが、この子の場合本来の初期出荷ストックROMより古いバージョンのROMを無理やり搭載したためスクリーンショットを取るとシステムUI関連のエラーを吐くなど不具合が発生しており、現時点でGoogle Playが標準搭載されているGlobal版ROMがリリースされていないため止むを得なかったのでしょうが正直これなら純正中国版ストックROMで出荷してくれたほうが良かったという印象です。(他所のレビューをいろいろ見た感じだとどうもMi Pad 3のショップROMはどれも同じ状況のようです)

OTAがつぶされているためセキュリティアップデートやOSのメジャーアップデートが受け取れないという問題もありますし、初心者が純正ROMに書き戻す作業はリスクがあることが多いため、ショップROM自体は否定はしないものの販売時に本来のストックROMと選択できるようにしてほしいというのが正直かのあゆが思うところではあります。

ちなみにMi Pad 3に関しては初期出荷分の、「MIUI Global 8.2.5.0.0」に関しては公式ROMアップデートがたまたま無効化されていなかったためこの手順で公式ストックに書き戻すことができますが、ショップROMのバージョンが上がった場合この手順はおそらく塞がれるものとおもわれます。もっともそのころには正式にリリースされているMi Pad 3用のGlobal版ベースに移行するはずなのでそのままでも特にシステム関連で不具合が起きるということはなくなるはずですが…

またXiaomi端末に関しては非公式ROMの「Xiaomi.eu」版MIUI 8が現在では日本語ローカライズがほぼ完了しているため、ブートローダーアンロックしてTWRPとROM書き換えができる方はこちらで使ったしまったほうがショップROMより快適かと思われます。すでにMi Pad 3用もリリース済みです。

関連リンク

中華スマートフォンにおけるショップ独自のカスタムROMについて知っておきたいこと(かのあゆ)