増える銀河ちゃんS8クローンたちを紹介してみる

Galaxy S8の登場以降中華スマートフォン界隈でも縦横比18:9(正確にはS8は18:5:9)の「Infinity Display」を完全コピーした製品が相次いで発表されています。

それくらいGalaxy S8の画面サイズというのはインパクトがあるものなのですが、個人的にこの液晶サイズの端末が安価に手に入るようになるのかと思うといろいろとワクワクしちゃってたりしますw

そんな銀河ちゃんS8クローン(あるいはインスパイヤ)系端末たちを紹介しておこうと思います。

KIICAA S8/BLUBOO S8

vs

左:KIICAA S8 右:BLUBOO S8 ともに試作機で製品版ではない点に注意

中華スマートフォンメーカーのLeagooのGalaxy S8クローンが「KIICAA S8」、同じく中華スマートフォンメーカーのBLUBOOのGalaxy S8クローンが「BLUBOO S8」となります。

端末名称に「S8」が入っている時点で「俺はクローンや!Galaxy S8クローンや!」と自ら名乗り出ているようなものなのですが、どちらもティーサー画像は本物のGalaxy S8の画像をそのまま使っているのはいろいろと中華らしくて素晴らしいと思います。

KIICAA S8は本端末が初採用となるミッドハイSoCのMediaTek Helio P23を採用。

一方BLUEBOO S8は日本ではCovia g07/07+などで採用されているミッドレンジクラスのSoCであるMediaTek MT6750Tを採用しています。

性能的にはKIICAA S8のほうが上となっており、BLUEBOO S8は安価で購入できるミッドレンジモデルということになります。

ただしどちらもGalaxy S8のInfinity Displayをほぼ完全にコピーしてきており、「Galaxy S8は高すぎるけどあの液晶サイズは魅力的!ほしい!」と思っている方には非常に魅力的な端末になるのではないでしょうか。

KIICAA S8はRAM6GB/内蔵ストレージ128GBの最上位構成でも300ドルに収まる予定となっており、BLUEBOO S8は140ドルで販売される予定となっています。

KIICAA S8の場合内蔵されているGPUがコア数が大幅に異なるとはいえ本物のGalaxy S8(のExynosモデル)と同じくMali-G71 MP(2Core)だったりするのでゲームのパフォーマンスもそれなりに期待できそうです。

クローンですが妥協はない性能となっているので割とKIICAA S8は気になっています。

HDC S8 Space Pro

HDC-Space-S8-Edge-Pro-Review-1

以前かのあゆブログでも紹介した、本当にGalaxyシリーズの偽物として製造されている「HDC」のパクリスマホ「HDC Space」シリーズの上位モデルです。

HDCのオンラインサイトから販売されているものはそうではないようですが、中華マーケットで出回っているものは本物のS8のパッケージまでコピーして本物として販売されているので注意が必要です。

ソフトウェアもSamsung TouchWizをそのまま持ってきており、端末情報もSM-G950に偽装しており、ものによっては搭載SoCまでSnapDragon 835に偽装するという念入りさ加減ですが中身はMTK6580/2GB RAM/8GB ROMの超ローエンドモデルです。

再現度も正直前モデルHDC Space S7 Edge Proから落ちており、ソフトウェアが旧TouchWizのままだったりBixbyが乗ってなかったりいろいろ詰めが甘いモデルになっています。

ディスプレイサイズも一見Infinity Displayを再現していますが、上記写真を見ればわかるとおり実際は縦横比16:9のままで上下ベゼルも広かったりいろいろがっかりな再現度となっています。

まぁおかげで一目見て偽物だとわかりやすくなったのは利点かもしれませんねw

広告

十分すぎる。100円均一ダイソーのiPhone SE(5/5c/5sでも使用可能)用ガラスフィルムを試す

dsc_1044

iPhoneはAndroid端末と異なり端末を販売しているメーカーがApple一社しか存在せず、さらに一般的にはかなり普及しているスマートフォンといってもいい状況です。

それゆえアクセサリー類の充実に関してはAndroid端末の比ではなく、100円均一に並んでいる商品だけでも十分ケースやフィルム類、(互換性的に危ういですが)Lightningケーブルなどを一通りそろえることができます。ここら辺はAndroidユーザーはちょっとうらやましい限りです。

100円均一のiPhone用ガラスフィルムはちゃんと使えるのか?

dsc_1037

そんな100円均一のiPhoneアクセサリーですが最近では液晶保護ガラスフィルムまで買えるようになってきました。

近所のダイソーではiPhone 6/6s/7用とiPhone SE用の取り扱いが始まっており、ちょうどいいタイミングで最初にiPhone 5sを購入した時に貼っていた激安液晶保護ガラス(これでも500円程度)が割れていたので購入して張り替えてみることにしました。

dsc_1044

パッケージは箱になっています。これだけ見れば家電量販店で売っている2000円~の有名メーカー製ガラスフィルムとあまり変わらない印象なのではないでしょうか。

まぁ肝心なのは中身なのでパッケージはどうでもいいとも言えますが…(ぉ

ちなみにパッケージにはiPhone SE用とありますが、2012年に発売したiPhone 5と2013年に発売したiPhone 5s/5cも筐体デザインは同じですので基本的にこれらの機種でも問題なく装着可能です。

dsc_1045

中身は以下の通りとなります

ガラスフィルム

クリーニングクロス

有名メーカーが販売しているガラスフィルムはもちろんのこと、Amazonなどで販売されている中華製のガラスフィルムにも添付されていることが多いアルコールパッドは付属していませんがこの辺に関しては価格相当といったところでしょうか。まぁ税込108円の製品ですしね。

dsc_1046

というわけで実際に装着してみました。よくAmazonなどでも売られている激安なだけで中身は粗悪なガラスフィルムと異なり、ぴったりとiPhone本体にフィットしておりしっかり装着することができました。

またタッチ反応が落ちるといった不具合も起きませんでした。さすがにゴリラガラスやドラゴントレイルではないでしょうが家電量販店で流通している2000円クラスのガラスフィルムと品質面は変わらない印象です。

装着後の液晶表示もクリアですし本当にダイソーで売られているガラスフィルムなのかと思えるくらい予想以上に高品質な製品でした。これは安すぎる…

品質も悪くなく割れたらまた買いなおせる手軽さが〇。正直うらやましい。

税込み108円という激安価格で販売されているダイソーのiPhone用ガラスフィルムですが、その品質は全く悪くなく2000円クラスの製品とあまり差がないコストパフォーマンスに優れた製品と感じました。

Amazonでも中華メーカーの輸入商品がこのクラスの価格で購入可能ですが、入手性のしやすさや輸送時に割れてしまうケースが多い(別機種ですが自分も到着した液晶ガラスフィルムのうちの1枚が割れていたという最悪のケースを体験したことがあります)ため、「安くて高品質なガラスフィルムがほしい」という人は要チェックな商品になっています。

耐久性に関しては今後長期的に使ってみないとわからない部分ですが、どうせ割れても108円なのでこの製品に関しては「割れたら買い替えればいいや」という気軽さも売りなんじゃないかなと思います。さすがに2000円以上するガラスフィルムが割れたら本体液晶が直接割れたときほどではないにせよへこみますからね…

というわけでダイソーの108円iPhoneガラスフィルム。かのあゆ的にはお勧めします。

関連リンク

100円ショップ ザ・ダイソー : 公式サイト

 

手放したiPod touch代わりにau版iPhone 5sを購入しました

dsc_0357

性能的にはほぼA8搭載iPod touchと同程度。GPSや環境センサー、TrueToneフラッシュも利用可能。

数か月前に諸事情で一時的にiPod touch(6th Gen)を手放し、手元にiOSデバイスが一台も存在しないという状況でしたが、先日そろそろ何らかのiOSデバイスを購入しなおそうということで秋葉原に出向いたところ、ソフマップ・リユーズ館のほうで液晶に色むらが出ているものの一応ジャンク扱いではなく、付属品も完品のau版iPhone 5s 64GB(色はシルバー)を14990円で見つけたのでR-Mobileでau用のアクティベートSIMも用意してこちらを購入することにしました。ちなみに購入時点ではiOS 9.2が適用された状態だったので即iOS 10.2.1を適用しました。

iPhone 5sは2012年に登場したiPhone 5のマイナーチェンジモデルとして2013年9月に廉価版であり、一代限りで途絶えたiPhone 5cとともに発表されたモデルで、スマートフォンとしては最初に搭載SoC、OSともに64bitに対応を果たしたモデルになります。

モーションコプロセッサとしてApple M7が搭載され、指紋認証システムとしてTouchIDが採用されたのも本モデルが最初になります。スペック的には当時のSnapDragon 800/801機に近い性能になります。

GPUがPowerVR SGX543MP3からPowerVR Series 6″Rouge” G6430に変更され、OpenGL ES 3.0に対応したことにより、iOS 8以降でサポートされているゲームAPIであるMetalも利用可能。同型筐体を採用しながら中身はiPhone 6s/6sPlus相当に強化された後継モデルiPhone SEが発売となったことにより、グローバル的には今年初めにディスコンとなりましたが、日本限定で言えばMVNOキャリアであるYmobile(ワイモバは正確にはソフトバンクのサブブランドでMVNOではないのですが…)とUQMobileが新たに取り扱いを始めているため、一応日本限定で言ってしまえばキャリア経由で新品が買える現行機ということになります。

以前所有していたiPod touch(6th Gen)はSoCこそ後継モデルのiPhone 6/6Plusと同じApple A8を搭載していますが、性能的にはオリジナルのA8からダウンクロックされたものが採用された関係で性能面的には正直iPhone 5sもiPod touch(6th Gen)も体感速度的にはどっこいどっこいの性能になっています。

そろそろバッテリーが消耗した個体も出てきていますが、性能自体もまだまだそれなりに使え、先代モデルiPhone 5から現行モデルiPhone SEまで筐体自体は共通だったこともあり、ケースや液晶フィルムなども安価にそろえることができますし、iPod touchとしてダミーSIMを使う分においてもiPod touchより安価に入手可能で、GPSやApple Watchとの連動機能など、iPod touchではデジタルオーディオプレイヤーであるがゆえにサポートされていない機能も利用可能ですのでもちろん本来のスマートフォンとして買うのはもちろんのこと、iPod touchとして購入するのもちょうどいいモデルになってきたのではないでしょうか。

キャリア契約で買うならこのサイズのがほしいなら素直にA9搭載で中身はiPhone 6sシリーズになってるSEを選んだほうがいいと思います…

基本スペック

OS: 初期出荷時:iOS 7/iOS 10.2.1(Developer Preview/Public Beta)
SoC: Apple A7 DualCore 1.3Ghz/Apple M7 Mortion Co-Prossesor

GPU:PowerVR G6430
RAM: 1GB
ストレージ: 16/32/64GB
ディスプレイ: 4インチIPS  1,136×640 Retinaディスプレイ
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: イン120万画素、アウト800万画素(TrueTone フラッシュライト採用)
サイズ: 123,8x 58.6 x 7.6mm / 112g

関連リンク

R-Mobile 秋葉原店(ドコモ/au/ソフトバンク各キャリアのダミーSIM販売・中古&ジャンクiPhoneシリーズの店舗販売あり。iPhoneは基本アクティベートSIMを刺さないとOSアップデート時にロックがかかる関係上iPod touchとして使えません)

ワイモバイル版iPhone 5s(16GB/32GB)

UQMobile版iPhone 5s(16GBモデルのみ・デザリング利用可能)

 

Google NowのNowカードから不快なアフィブログを永久に消し去る方法

Android 4.1の新機能として実装され、現在ではiOSデバイスでも利用できるようになったGoogle Now。サイトのアクセス傾向などから自動的に興味のありそうな記事をNowカードとしてピックアップしてくれるのは便利ですが、場合によっては表示してほしくないアフィブログなどからも記事を拾ってしまうことがあります。

これらのサイトから一生データを拾ってほしくない場合は…

メニューから「(サイト名)の記事に興味がない」を選択すれば次の更新から当該サイトから記事を二度とピックアップすることはなくなります。

表示してほしくないWEBサイトから記事をピックアップされるようになってしまったらこの設定を実行することをおすすめします。

なおiOS版Googleアプリでも同様の操作でアフィブログなどをブロック可能です。