VAIO Phone A発表。在庫処分感漂うOS置き換えモデル。

DSC_0767

VAIOよ、おまえもか…

株式会社VAIOが突然Android搭載スマートフォン「VAIO Phone Biz A」を発表しました。

先日値下げが行われたWindows 10 Mobile版「VAIO Phone Biz」の筐体・ハードウェアはそのままにOSをAndroidに置き換えたモデルになっています。

対応バンドが増えたりDSDSに対応していますが同じくAndroidに移行した「NuAns NEO[Reloaded]」と異なりハードウェアを一から作り直しているわけではなく悪くいってしまえば「Windows 10 Mobile版の在庫にそのままAndroidを突っ込んだだけ」のモデルになっています。正直VAIOにこれはやってほしくなかった…

DSC_0763

アルミ削り出しの筐体、安曇野FINISHなど、VAIO Phone Bizの完成度の高いハードウェアはそのままなので「Androidで真VAIOPhoneをつかいたかった!! 」という方にはNuAns NEO[Reloaded]同様魅力に映るかもしれません。

ただ正直単純にOSを載せ替えただけという安直さを差し引いてもAndroid 8.0  Oのデベロッパープレビューがリリースされたにもかかわらず今更2世代前のAndroid 6.0を搭載し、Nougat以降へのアップグレードは「未定」といろんな意味でWindows 10 Mobile版よりやる気を感じないものに見えてしまいます。同じくAndroidに移行したNuAns NEO[Reloaded]はデザインはそのままであるものの、大型化した液晶、指紋認証&おサイフケータイのサポート、NexusレベルのOS・セキュリティパッチの提供など力を入れたものとなっているだけにVAIO Phone Biz Aのお手軽在庫処分感が余計に目立ってしまいます。個人的にはよっぽどVAIOじゃないと嫌という方でもない限りハードウェア的には今更買うようなものではないでしょう。

Windows 10 MobileのQualcomm SnapDragon 6xx系のサポート打ち切りに関してはMSが原因ではなくQualcomm自身の方針によるもののようですが、これでSnapDragon 617のサポートを積極的に呼びかけてきたNuAns、VAIOの両メーカーがAndroidに移行してしまったことになります。

最後の砦はMADOSMAをWindows Phone 8.1世代から投入し、日本国内でのWindows Phone復活を実現させたマウスでしょうが、SnapDragon 8xx世代のハイエンドを投入するかどうかは微妙なところです。Freetel?鼻から期待してないよ。

Microsoft自身のWindows 10 Mobileへのやる気も依然と比べてやる気を感じられないようなものに代わってしまっていますし、Windows 10 Mobileが消滅するということはRS3世代まではないと思いますが、それ以降に関しては本当にARM版Windows 10に統合される未来もあり得るかもしれません。Windows CE時代から同社のモバイルOSを愛してきたかのあゆとしては寂しいですが…

関連リンク

VAIO Phone Biz A : VAIO

[わが町新座]地元民としてほっとけるか!NuAns NEOを買いました![トリニティ]

DSC_1187

わが町新座が誇る最高のWin10M搭載機!

いや、地元だから…

昨日18日よりリアル店舗も構えている「イオシス」さんでNuAns NEOがTWOTONEカバー付きで税込19,800円というとんでもない値段で販売されています。

コンディションとしては中古品ではなく未使用品。ただし本来別売のTWOTONEカバーを装着するために一度開封している関係上かメーカー保証はつかずショップによる6か月保証のみとなりますが、Continuum For Mobile対応のミッドハイWin10M機がこの値段で購入できるのはお買い得以上の何物でもないでしょう。

S617機に関してはNuAnsの開発元であるトリニティの社長さんですら「梯子を外されてしまった」と発言してしまうような現状であるため、正直もう間もなくリリースされるRedStone 2ことCreators Update自体は問題なく受け取れるでしょうが、これ以降に関しては不安が残るのが正直なところですが、それでもS210を搭載したローエンドWin10M機を購入するより前々満足できるはずです。

ちなみにかのあゆが現在住んでいる新座にNuAns NEOやNuAns NEO[Reloaded]といった素晴らしい端末を生み出したトリニティという会社が所在しています。

もともとiPhoneなど他社のメーカーのケースなどを専門とする会社としてスタートしています。かのあゆもiPod touch(1st Gen)運用時はトリニティさんが展開する「Simplism」ブランドで展開されていたシリコンカバーのお世話になっていました。まさか新座の会社とは意識もしていませんでしたし、そこから超絶個性的なWin10M&Android端末が生まれるなんて夢にも思いませんでしたが…

ちなみにトリニティという会社は本社がある新座に「トラットリア・トリニータ」というイタリアンレストランまで運営していたりします。

本当にいろんなことをやっていて面白い会社だと思いますし、だからこそ「Core」コンセプトを取り入れてしかも「Windows 10 Mobile」を搭載した個性的な端末、「NuAns NEO」が生まれたんだなぁと思うと本当に誇らしい気持ちでいっぱいだったりします。

ちなみに奇しくもうちのメイン端末であるXPERIA X CompactとともにIF デザインアワードを受賞。しかもNuAns NEOは最優秀賞に相当する「IFゴールドアワード賞」を獲得しています!!!素晴らしい!!

「日本のトリニティによるこのスマートフォンは、複雑なテクノロジーと面白味のある触感を組み合わせ、同カテゴリーの大部分の製品と距離をおく姿勢を打ち出しています。木材をはじめとする「暖かな」素材を使った新鮮な外観に加えて、曲線的な本体の形状はナチュラルでバランスのよい感触です。全体として、非常にエクセキューションの優れた(完成度の高い)製品です。」

先日ウィンタブさんのライターとして参加した[Reloaded」の発表会でWin10Mを搭載した初代NEOを決して捨てない姿勢を感じました。なんというかWin10M版NEOも大事にしているという姿勢をあの発表会の星川社長の発言から感じました。

「Win10Mというプラットフォームに関してはやりたいことはやりつくした」という言葉の意味も今思えば…

なおかのあゆは上記通り実機を購入しました。だって新座端末だしあの発表会に実際に参加したら…

別件があるのでそちらが終わったらうちの新しい相棒…新座生まれのWin10M機、NuAns NEOのレビューをウィンタブさんで上げたいと思います。

関連リンク

Nuans NEO & NuAns NEO[Reloaded] : NuAns

トラットリア・トリニータ : Trinity

イオシス

Q.作品を歪めるエアプ紹介サイトは何か意味はあるのか A.ないよ。サイト閉じろ。

fck_AirPlayer

は?

「クドわふたー」は馬場社長のコラム記事からアニメ化が進行中であることが明らかにされ、おそらく今年の4月1日でエイプリルフールネタも兼ねて正式にアニメ化がアナウンスされるはずですが、個人的にはKey作品の中で一番大好きな作品だったりします。だって頑張り屋さんなクーニャが大好きなリキ君と幸せになってるんですから。そりゃ当たり前ですよね。

元はファンディスク規格だったがゆえにKey作品としてはそっちの描写もおそらくもっとも「濃く」、ましてやクーニャ自身がつるぺたひんぬーわんこだったせいか「ペドわふたー」とまで呼ばれてしまった作品ですが、後半「After」編に関しては「あの事故」がなく、正式にクーニャと結ばれたからこそ別の方法で精神的にも強くなったリキ君や、お母さんが大変な時期な状況になっても「信じていられる」クーニャの精神的成長をメインにした非常に「Key」作品らしい流れでした。そういう意味ではちゅっちゅシーンがカットされた全年齢対象版やCS移植版が一番ベストなのかなぁと思っています。むろん大好きなリキのえっちな要求にこたえていった結果どんどんえっちなひんぬーわんこになってくクーニャも好きだけど!!

まぁこれくらい大好きな作品というのもあって気になってしまうのでしょうが、DMMで配信中のエロゲ・AV紹介サイトでトップ画像のような見出しで作品紹介をしているサイトを見ると「は?」という感想しか湧かなかったりします。

おそらく新キャラ3人とはクーニャのテヴア時代の大事な友人である「氷室憂希」、クーニャと同じく「すだーだすたー」になる夢を持ったロケット幼女「有月椎奈」、そして現実味溢れすぎるリアリストおねーちゃんの「有月初」の3名のことを指しているのでしょうが、むろんこの3人は攻略不可です。(氷室さんは理樹の妄想でクーニャとの百合シーンがあるけど)

そもそも理樹君は正式にクーニャと「ぶらっくほわいと」を済ましているのに浮気して巨乳なクーニャの友人やリアルペドなしぃ、そのお姉ちゃんであるうぃーお姉ちゃんに手を出すようなクズ男じゃないですし、この紹介を見て「リトバススピンオフなのにクドを裏切る作品なんでやるか!」なんてミスリードする方もいるでしょうし、むしろ「ちんまいクドとも巨乳な友人ともクーニャよりも小さい子ともえっちできる抜きゲーなのか!Keyも変わったなぁ!」と抜きゲー路線ゲームとして買ってしまう方もこの紹介なら出てしまうでしょう。

むろんDMMで配信されているAVやエロゲを紹介していくサイトのようなので全作品を購入してプレイするのは無理でしょうが、エアプで参考にもならない偽りの紹介文を書かれるくらいなら正直AmazonとErogameScapeのレビューのコピペだけ掲載したほうが114514810倍くらいマシでしょう。

ほかのエロゲの紹介もこんな感じなのでしょうし正直参考になりません。むしろ好きな作品をゆがめて紹介しているので腹が立つ方も多いでしょう。

 

 

 

 

ロリかわいい微乳な女子高校生である能美 クドリャフカが主役のスピン・オフ作品ですよ!
新キャラ 3 人ともイチャイチャ恋愛セ〇クスで精液ぶっかけや中〇ししまくる学園ものです!

 

 

違うわヴォケ!!今すぐリキクドのベストカップルを歪める余計なエアプ見出しを削除しろ!!!

 

 

ちなみにCS版とアニメ化に向けて動き始めてる「まいてつ」の見出しも大概なものです

『まいてつ』 Lose 原画・cura アニメで動くロリ幼女ハーレム!メスガキ女子児童と乱交S〇X!

 

 

うん。もうサイト消してくれねぇかな…メーカーにとってもマイナスでしかないからさ。

関連リンク

見る価値がないので貼りません。紹介にすらなってませんので。

 

 

 

 

 

ZUK Z2をSIM差し運用して思ったこと ー やっぱりSIMなし運用はもったいない!

DSC_1118

ZUK Z2をSIM差し運用してもうすぐ2か月が経過します。

一応U-Mobileの無料お試し期間ということでSIM差し運用していますが、正直このまま正式にサブ回線として契約してしまおうか迷っています。

それくらいZUK Z2は”よくできた”端末です。

東京都内だと割とバンド1・3だけでも困らない

一応メイン端末のXPERIA X Compactはグローバルモデルでありながらドコモのプラチナバンド帯である「バンド19」もしっかりサポートしており、特に電波が届きづらい地方などに出向いた場合かなり重宝することになるとは思います。

ただZUK Z2は日本国内ではdocomo系SIMだとバンド1、3しか利用できませんが、少なくとも関東圏内であればこのバンド数だけカバーしていれば電波がつかめなくなるということもなく普通に利用できます。

もちろん地方のユーザーさんだとバンド数1、3だとどうしても電波のつかみが弱くなってしまいますが少なくとも東京都内(かのあゆは埼玉県と練馬区の間みたいな場所に暮らしてますが…)メインで使う分には特に困ることはないというのが正直な印象です。

ちなみにZUK Z2はVoLTEも対応してるようです。通話SIMではないのでメリットはありませんが…

正直S400、S650、S820で基本タスクの体感差はないに等しい

もちろんこれは個人的な感想でしかないため人によっては「S400なんてローエンドすぎて耐えられるかヴォケ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、正直一般的な利用においてはK3V2(最初のSIM差しメイン機GL07S)もSnapDragon 400(MVNOに移行後最初に使用していたZenfone5 LTE)もSnapDragon 650(現在のメイン機愛すべきXPERIA X Compact F5321)もSnapDragon 820も大差ないです。

もちろんZenfone5の場合当時のASUSのOSチューニングがよかったこともあるのでしょうが、自分の使い方(WEBブラウズ、SNSメイン)ではこの時点で快適なレベルでしたし、現在のXPERIA X CompactとZUK Z2との差もそこまで感じないというのが正直な感想だったりします。

ただZUK Z2はSnapDragon 820の「素」そのものといえるようなベンチマークスコアをたたき出す端末ですのでさすがにUIはヌルヌルですし、ハイエンド向け3Dゲームも何ら苦も無く動きます。

ただかのあゆがプレイしてるゲーム(Mortal Kombat X Mobile、Need For Speed No Limits、ドラゴンボールZ・ドッカンバトル、Asphalt 8 AirBorn)の場合SnapDragon 650でも十分快適に動いちゃうんですよね…

ただどちらにしてもZUK Z2の値段設定はいまだに各種中華ECサイトで2万未満で購入できるなど価格が異様に壊れてますし、今年のIFA 2017で発表されたXPERIA XZがZUK Z2と全く同じスペックだったりするため今年もハイエンドクラスであることは間違いないでしょう。ZUK Z2をメインに2年運用しても十分満足できると思います。

唯一の弱点はカメラか…

IMG_20170310_001916

性能的には間違いなくハイエンドクラスであり、バンド数的にも運用上(個人的には)問題がなくむしろメインSIMをZUK Z2に差し替えてもいいのですが、それができない理由は「カメラの性能」だったりします。

上記の写真はZUK Z2で実際に撮影した写真です。Elephone S7の実機レビューでも夜間撮影の写真をサンプルに上げていますが、昼間の撮影であれば問題がないのですが夜間だと素人目で見てもノイズが残るのがどうしても気になってしまいます。

一応ZUK Z2にもXPERIAと同様「Night Mode」なるモードが搭載されているため、夜間でも明るめにとれるのは意外だったのですがXPERIAのカメラが(人によって意見はあるでしょうし「XPERIAのカメラなんか満足できるかバーカwwww」という方もいるでしょうが…)夜間でもきれいに撮れることを考えるとこの点でメインにはちょっと弱いかなぁというのが正直な感想だったりします。

ちなみにZUK Z2のカメラに採用されているのはSamsungのISOSELとのこと。これはSamsung Galaxy S6/S6 Edgeにも採用されているCMOSセンサーですが、あちらはきれいな写真が撮影できていたはずなのでこの辺はLenovoのチューニング次第である程度向上できる可能性はあります。

メインにはできないがメインの予備機、サブ機としては活用していきたい

XPERIAの場合iPod touchからほぼメインDAPとしても移行してしまっており、通常の圧縮音源をハイレゾ相当にアップコンバートできる「DSEE HX」が搭載されていることやXPERIA X Compactのサイズ感が気に入っていること、性能的にも不満すら感じないことからZUK Z2をメインにするにはちょっといろいろと迷ってしまうのですが、性能的には間違いなくハイエンドモデルであるためこの機種をSIMなし運用するのも非常に勿体なく感じてしまいます。

幸いU-Mobileに関しては無料お試しキャンペーンで初期手数料の3,000円は免除されており、5GBで1,480円と十分安いことからこのままサブ回線として契約してしまおうかまじめに迷っています。

これが実現した場合メイン機がS650、サブ機がS808(Nexus 5x、0SIM運用)とS820というとてつもなくぜいたくすぎる環境が出来上がるわけですが、非常に悩ましい…

関連リンク

Lenovo ZUK Z2 ー いい意味で価格と性能のバランスが「完全に壊れている」おそるべきスマホ(実機レビュー:かのあゆ) : ウィンタブ

「かのあゆ」というハンドル名と葉鍵板。その思い出

糞過ぎるデビュー

Twitter上では割とコロコロハンドル名が変わっていたりしますが、このブログやウィンタブさんのライターとしての寄稿記事も含め基本的に自分のハンドル名は「かのあゆ」で通しています。

由来は「Kanonのヒロイン月宮あゆ」。もちろん今でも大好きなんですが、もともとかのあゆは葉鍵板のコテハンで使っていたものだったりします。

2ch(というかLeaf・Key板。いわゆる葉鍵板)でのデビューは2001年ごろ。初めて作ったスレは寄りにもよって

「KanonのHシーン教えろ」(リンク先は.dat形式。探したのですが幸いhtml形式のものは見つかりませんでした。各種2ちゃんねるブラウザで見ると見やす…いや、やっぱり見なくていいです)

というクソ極まりないスレでした。今見ると性春まっさかりでどうしようもないクソスレですね。当時の住人さんに指摘されてる通り、このころのかのあゆはまじめに高校生でした。小説版KanonとDC版買ったばかりでオリジナル版KanonのHシーンテキストがどんなものかわからなかったので立てた、どうしようもないクソスレです。

ちなみにのちにWin98が動き、Kanonの動作環境ギリギリであるPC-9821Nb7を始めてメイン機として購入した際に通常パッケージ版Kanonを購入し、シナリオを確認しましたがおおよそ小説版通り。むしろ小説版のほうが描写に関しては強化されており全く持って実用性もクソもないHシーンテキストでした。アホか漏れは。

最後当たり自作自演で終わっていたりエロゲ板に「Canvas(2000年にF&C・カクテルソフトからリリースされたエロゲ「Canvas~セピア色のモチーフ~」のこと。当時全年齢であるDC移植版が発売していた)のHしーん教えろ!」というクソスレも立てていたりあんまりといえばあんまりですがこれが一応2chデビューだったりします。

この後月宮あゆキャラスレのPart3を無事立て終えた後、そのスレ内で「Kanon_Ayu」を名乗り始めたのが最初だったりします。

kanoayu

これ以降トリップ付けたりこのコテでPC-98スレやらCASSIOPEIA E-700スレやらに突撃したり葉鍵板のコミケオフに参加したりIRC葉鍵板(#葉鍵板.jp)に常駐していたりして今に至ります。

ちなみに最初のクソスレを立てたあたりで最初のモバイルデバイス、NTT docomo G-Fortを購入していたりするのですがまさかライターさんまでやらせてもらえるとは夢にも思いませんでしたね…

「最萌トーナメント」などで毎日盛り上がるキャラスレたち

このころの葉鍵板はちょうど「CLANNAD」の製作が発表され、Leafはいろいろと話題になった「誰彼」が発売されたりとジャンル的には最も盛り上がっていた時期です。

キャラクター個別のスレッドである「キャラスレ」がキャラ愛に満ちていて毎日のようにSSやイラストが投稿されたりしたり今は亡き「Leaf・Key お絵かき掲示板」が盛り上がったのもこのころだったりします。近年ではリトバス!の公式コミカライズ版なども担当されているZENさんも葉鍵板出身だったりしますね。

「葉鍵板 最萌トーナメント!」などで愛すべき葉鍵ヒロインたちの愛をいろんな形にするスレが盛り上がっていたのも2001~3年あたりです。個人的にはもっともピークを迎えていた時期をあの板で過ごせ、ほかのコテハンさんとも知り合えた(何人かは現在でもTwitter上でフォロワーさんだったりします)のは本当幸せでした。

2007年当時ローンチしたばかりだったTwitter始めたのもIRCチャンネル「#葉鍵板.jp」経由だったりしたので…葉鍵板住人ではなかったらTwitterを始めたのももう少し遅れていたかもしれません。

コテハンを名乗り始めてからPentium 75Mhzと当時からしても低スペックだったPC-98ノートと56Kモデムを駆使したりTu-Ka+PDA(Palm。CLIE PEG-S500)で書き込んでいた結果、当時はパケット定額なんてものがなかった時代ゆえに一か月の請求額が10万ということになって悪夢のような状態になったりといろいろと懐かしい出来事がありました。

そして今に至る

自分が「かのあゆ」というハンドル名になったのは以上の経緯だったりします。Kanon原作発売から18年、葉鍵板デビューから16年立っていますが個人的に思い入れ深いのでこのハンドルを変えることはないと思います。

葉鍵板自体は…Leafはもはやエロゲメーカーではなくなり、Keyもオリジナルスタッフだった樋上いたるさんが去ってしまっていろいろと当時の勢いは感じられなくなってしまい、数年前にコミケのジャンルとしても艦これと入れ替わる形で消滅してしまいちょっと寂しく感じてしまいますね…

しかし本当振り返ってみるとすべて懐かしいです。もう16年前の出来事ですからね…昨日のことのようですけど。

 

国内版XPERIA X CompactがついにAndroid 7.0 “Nougat”へ!そして一時期打ち切りになっていたF5321 Customized HKも先週ひっそりとNougatへ(ようやく)

IMG_20170307_131629

国内版XPERIA X Compact SO-02JもついにAndroid 7.0 “Nougat”へ!

グローバル版の提供開始から3か月程度遅れてしまいましたが、本日docomo版XPERIA X Compact SO-02JもついにAndroid 7.0″Nougat”へのアップデートが開始となりました。

更新はOTAアップデートかPCの管理ソフト「XPERIA Companion」上で更新可能。ファームウェアバージョンは「34.2.B.0.211」となります。Googleセキュリティパッチは2月分が適用済み。

Android 7.0 Nougatへアップグレードするとマルチウィンドウ機能や強化されたバッテリー節電機能Dozeの強化、直接返信が可能になった新しい通知領域などが利用可能となります。

ただしXPERIAとしてのUIの更新は最小限(というかほぼ変わらない)です。

そしてひっそりとHK版も(ようやく)Nougatへ

国内版SO-02J向けファームウェアのリリースより一週間前になりますが、”ようやく”一時期「アップデートはありません」という絶望的な表示になっていた香港リージョン向けF5321にもAndroid 7.0 “Nougat”に更新されたようです。

こちらはファームウェアバージョンが「34.2.A.0.311」でリリースされています。

一応先月初めに驚異的な速さでGoogleセキュリティパッチを適用してリリースした現状最新のファームですがその前のバージョンがAndroid 6.0.1+2016年6月のGoogleセキュリティパッチという初期ストックROMである「34.1.A.1.198」でほかのリージョンにはリリースされていたセキュリティパッチをすっ飛ばした上にリリースがだいぶ遅れていましたからもうまじめに「いまさら」臭しかしません。

一応Nougat打ち切りは回避されたものの、今後もほかのリージョンで適用されるGoogleセキュリティパッチは放置されるでしょうし、次期バージョン「O」がリリースされた際もだいぶリリースが遅れることが予測されるためもう二度と香港リージョンに戻すことはないでしょう。

香港リージョンのXPERIAを購入した方は別リージョンのファームウェアに更新することを強く推奨いたします。

関連リンク

XperiaTM X Compact SO-02Jの製品アップデート情報 : NTT docomo

 

Windows 10 Insider Preview 1607 Build 15048リリース。そろそろ製品候補版へ。

win10_rs2

Creators Updateの開発もそろそろ終了へ

本日Microsoft Windows 10 Creators Update(Redstone 2) Insider Preview Build 15048がリリースされました。3月にCreators Updateが正式リリース予定であることを考えるとそろそろWindows 10以前のバージョンでいうところのRelasse Candidate(製品候補版)に上がっていることになります。

今回の更新内容は主に前ビルドで発生していたバグの修正で特に新機能の追加はないということです。

Creators Updateの正式リリースも今月中であることを考えると今回のビルドか次のビルドあたりでRTM(工場出荷版)になるはずです。

このアップデート後の更新はついにCreators Updateの修正などを含めたPost RTMビルドと次の大型更新アップデート「RedStone 3」の開発が開始されることになります。

なおWindows 10 Mobileも最新ビルドがアップデートされています。

まさかのSnapDragon 6xx切り?Windows 10 Mobileはどうなるのか

Creators Updateのリリース直前で非公式ではあるもののMicrosoftとQualcommがWindows 10 Mobileでミッドレンジ~ミッドハイレンジのSoCであるQualcomm SnapDragon 6xx系のサポートを終了したという衝撃的な情報が入ってきました。

この情報が明らかになったのはモバイルアスキーのMWC 2017関連の記事、「Elite x3の廉価版が年内中に投入される」という記事からになります。

HPのWindowsスマホ「Elite x3」の廉価版を発見! Windows 10 Mobileはスナドラ800番台で存続か!? : Mobile ASCII

この情報では「SnapDragon 6xx番台のサポートが終了した」という情報しか明らかにされておらず、日本でもKINTAMAKatana01やDIGINOS DG-W10Mなどで普及していたローエンド帯Qualcomm SnapDragon 2xxやMADOSMA Q501に搭載されていたミッドレンジQualcomm SnapDragon 4xx系の扱いがどうなっているのかはわかりませんが、近年MicrosoftがNOKIAから買い取った自社製ブランド「Lumia」も2015年末に発売した「Lumia 950/950XL」を最後に新端末が登場していない状況です。

SnapDragon 6xxに関しては日本の、特にNuAns NEOを発売していたトリニティやVAIO Phone Bizを発売していたVAIOがMicrosoftに呼び掛けてContinuum For Mobile(無線)をサポートした経緯があり、またこのSoCを搭載している端末がマウスコンピューターのMADOSMA Q601、NuAns NEO、VAIO Phone Bizとほぼ日本中心といってもいい状況でした。

奇しくもAOSP Android搭載に移行して「再起動」を果たしたNuAns NEO[Reloaded]の発表があった当日、トリニティの星川社長が「我々はは梯子を外された」という発言を行っていましたが、これはMicrosoftが特定メーカーへライセンス提供を打ち切ったという意味ではなく日本で普及していたQualcomm SnapDragon 6xx系へのサポートを終了したという意味だったわけです。

逆に言えばこの打ち切りがなければNuAns NEO[Reloaded]に関してはWindows 10 Mobile搭載モデルも登場していた可能性すらあり得たわけです。初代への丁寧なアフターサポートを考えるとNuAns側がWindows 10 Mobileを捨てたとはとてもではありませんが考えられず、この対応をとったMicrosoftとQualcommの対応は非常に残念といえます。

またこの発表でおそらく現在Insider Previewを受け取れているWindows 10 Creators Updateに関しては問題がないでしょうが、次期RedStone 3に関してはQualcomm SnapDragon 617搭載端末のアップデートを打ち切る可能性もあります。

Wireress Continuumの実装が難しかったという可能性もありますが、それならばWireress Continuumのサポートを終了すればいいだけの話ですし、SnapDragon 2xx系とSnapDragon 4xx系のサポートがどうなっているのかは現時点では不明ですが万が一SnapDragon 820以降蚤のサポートに変更した場合、価格設定にもよりますが業務用用途を除けばとてもではありませんがiOSやAndroid端末に太刀打ちできるとは思いません。

正直この情報が出るまではあまり考えてもいませんでしたが、「Windows 10 Mobileは廃止され、フル版Windows 10(ARM)に統合される」というシナリオもありえなくはないのではないかと感じています。それくらいMicrosoftのモバイル端末への情熱は以前より冷めてきているという印象を感じてしまうのです。

関連リンク

Windows Insider Program : Microsoft