FMV LifeBook A512/FのOSが結局Win10 Proで落ち着いたお話

20170504_170133.jpg

当初Linux専用機として活用しようと思ったプレゼント当選品SK hynix製SSD「SL308」装着済み3,580円ジャンクFMV Lifebook A512/Fですが、「結局使うのはメイン機のThinkPad x230だよね」ということで父に以前プレゼントしたIBM ThinkPad x40(現在はUSBブートでPIXEL For PCを運用中)のリプレース先としてWindows 10 Proをインストールして活用することにしました。

Windows 10自体が以前のWindows 7と比較して軽くなっていることもあり、シングルコア(仮想2コア)のCeleron B740でもまぁWEBブラウズ専用であれば32bit版入れる分にはパフォーマンス的には意外と十分そうな感じです。起動自体は無論SSDなので高速ですしx230に何かがあったときの緊急用としても使えそうです。

Windows 7/8/8.1からの無償アップグレードに関しては建前上は終わってはいるのですが、現在でもこれらのバージョンのプロダクトキーからのアクティベーションは受け付けており、本機に関してもインストール時にプロダクトキーなしでインストールしたところ無事自動アクティベーションが完了して製品版として利用することができるようになりました。(むろん使えるエディションについては元のエディションに準ずるためWindows 8.1 Core EditionのキーでWindows 10 Proのライセンス認証を完了させることは不可能です。念のため。

Windows 10 Build 15063(RS3)の時点では少なくともUEFIファームに組み込まれたキーからのアクティベーションも問題はなさそうです。さすがに永遠に旧バージョンのプロダクトキーで通るというわけでもなさそうなので次期リリース以降どうなるかはわかりませんが…

こちらに関しては詳しく検証されている方のブログ記事がありますのでこちらを参照にしていただければ幸いです。

【実質無償期間延長】Windows 10にできなかった人も焦る必要はない。【2017/4/25追記】: ~めぶろくてっく~

これで自宅のPCはすべてWindows 10環境にリプレースできましたし、USBブート経由だったがゆえに頻繁にシステム停止や設定の破損に見舞われていたThinkPad x40環境よりはるかに快適になっているので多分父も満足してくれるかなぁとは思います。

SK hynixの240GB SSDが当選したので適当なジャンクPCを確保したお話

なぜ今更、しかも新作の開発もアナウンスされている「MGS V」なのかはわかりませんが、SK hynixがコナミの「メタルギアソリッドV・ファントムペイン」とコラボキャンペーンを行っており、その第一弾がFacebookでミッションページの掲示物をシェアするだけで同社のSSD「SL308 250GB」が20名に当たる!というもので、かのあゆも「どうせ当たることはないだろう…」と思いつつ応募したところなんと当選してしまいました。

20170420_150725.jpg

SSDの値段自体最近値上がり気味になってきたようなのでやっぱりプレゼントの当選はありがたいです。

ただし困ったことにメインPCには以前ZIGSOWのプレミアムレビューでいただいたIntel 540s SSD 480GBで運用中で、このSSDを活用できるPCが余っていなかったこと。

外付けケースを購入して外部ストレージとして使うのも悪くはなかったのですが、リードライト性能がIntel SSD 540sと同程度高速な製品になっているのでどうもその使い方も違うような気がしたので先ほど秋葉原に出向き、Twitterのフォロワーさんとともにジャンクショップを漁って適当なジャンクPCを購入することにしました。

いろいろ覗いて結局PC NETで選んだのはこのPC

20170502_235023.jpg

2012年12月に富士通から発売されていた企業向けA4サイズノート、「FMV Lifebook A512/F」です。

パームレスト破損で3,580円でした。ジャンクコーナーに合った製品なので当然HDDは抜き取り済みですが、今回はSK hynixのSSDを差すためむしろこのほうが都合はいいです。

スペックは以下の通り。

OS:なし(ライセンスはWindows 8 Pro)*Ubuntuで運用予定

CPU:Intel Celeron B740 1.8Ghz(SandyBridge シングルコア Intel HTテクノロジ対応)

GPU:チップセット内蔵(Intel HD Graphics)

RAM:2GB

HDD:なし→SK hynix SL308 SSD 250GB

ディスプレイ:15.6インチ 1,360×768ドット

ネットワーク:1000Base-T Ethernet(無線LANに関しては未確認)

一応店舗の動作確認コーナーでBIOSまでは起動することを確認済み。CPUにSandy世代のCeleronを搭載した企業向けノートです。

一応SandyはSandyなのですが…正直Celeronに関してはパフォーマンスがかなり低く、しかもシングルコアなので正直Windows環境ではそこまで快適に動作はしないでしょう。以前の職場で同世代のデスクトップ用Celeron搭載PCを触ったことがあるのですが、とにかくすべてにおいてストレスのたまる動作だったので…

次のIvy世代から組み込み向けのものを除きシングルコア採用のものが消滅して一番廉価なCeleronでもデュアルコアに移行しているのでいるのでまぁそういうことなのでしょう。

ライセンスはWindows 8 Pro。おそらくUEFIファームにキーが埋め込まれているはずなのでWindows 10 Proのクリーンインストールも一応可能なはずではあるのでライセンス認証はしておいたほうがいいのかなぁとは思いますが、とりあえず本機はUbuntu搭載PCとして活用していく予定です。メインPCはあくまでThinkPad x230ですし。

関連リンク

SK hynix SL308 : SK hynix Japan

SK hynix+MGSV「究極のSSDを装着せよ!」キャンペーンページ:SK hynix Japan

富士通 FMV Lifebook A512/F : 富士通

 

 

真の意味でのコストパフォーマンス淫獣 LeEco Le Max 2のレビューをウィンタブさんで行わせていただきました!

20170426_131012

最近フォロワーさんのところからかのあゆのところに嫁いだぬいすずたんとともに。ウィンタブさんで使おうと思ったんですが、実機レビューで(現状)エロゲキャラのぬいすずたん出すのはアレかなぁと思って使いませんでした。

LeEco社が危ないらしいが…

ウィンタブさんにて「LeTV」などの展開している中国「LeEco(楽視グループ)」社製5.7インチファブレット端末「LeEco Le Max 2」をレビューさせていただきました。

この機種もRAM 4GB/ストレージ64GBモデルであれば2万円前後(セール時などを狙えばそれ以下の時も)、最も最上位のRAM 6GB/ストレージ128GBモデルでも3万前後で購入可能でありながらSoCに現在でもハイエンドなQualcomm SnapDragon 820を搭載。

ストレージは高速転送規格のUFS 2.0に対応しており、アウトカメラに採用されているCMOSセンサーはXPERIA XA Ultra&XA1 Ultraにも採用されているソニーのExmor RS IMX230を搭載して暗所でも美しい写真を撮影可能。もちろん採用されているUSBポートは最新規格のUSB 3.1に対応したType-Cを採用しており、正直7~8万台で販売されていてもおかしくはないくらいクオリティが高い一台です。

搭載OSはAndroid 6.0.1″Marshmallow”をベースに独自UIを実装した「EUI」。中華独自UI搭載系スマートフォンによく見られがちな「iOSの影響を受けた」UIで一般的なAOSP準拠のAndroid OSのUIとはいろいろと異なるため人によっては使いづらいと思うかもしれませんが、かのあゆ的にはiOS端末も触ってきたこともあってそこまで違和感を感じることなく使うことができました。

現状では公式でもNougatベースに移行する予定はありませんが、現在ではカスタムROMもいくつか存在しているのでNougat以降にアップグレードしたいのであればカスタムROMを焼いてしまってもいいでしょう。Le Max 2発売当初はLeEcoがカーネルのソースコードをなかなか公開しなかったため、カスタムROMの開発に時間がかかったものの、現在ではカーネルのソースコードも無事公開されており、Cyanogenmodの後継であるLinage OSも公式のものがリリース中となっています。

なおこの機種の場合すでにブートローダーがアンロックされているようなのでカスタムリカバリであるTWRPやカスタムROMの導入も容易になっており、「高性能なカスタムROM運用機」としても最適な一台となっています。

オーディオ面ではiPhone 7より先行して3.5mmイヤホンジャックを廃止。USB-Cポート経由で劣化の少ない音声出力を実現した「Conitnoul Data Lossless Audio」(CDLA)規格を採用しています。

ちなみにこの規格を採用して3.5mmイヤホンジャックを完全に廃したメーカーは現時点ではLeEcoのみであり、最初に採用したのもLeEco社ですが、それ自体はほかのメーカーのスマートフォンも対応しているようで手持ちのデバイスではNexus 5xが何気にCDLA規格のイヤホンをサポートしているようです。

また内蔵されているステレオスピーカーもこの価格帯のハイエンド中華スマートフォンによく見られる「ボリュームを上げると音が割れる」という現象も起きずむしろ前メイン機のXPERIA X Compactよりも迫力があってきれいなんじゃないかと思えるくらいクリアな音を再生してくれます。何気にドルビー・アトモスにも対応。初期のショップROMではドルビー・アトモス関連の設定項目が削除されており、本来のストックROMやこの機能が有効化されているカスタムROMを焼き直す必要があったようですが、今回レビューしたLe Max 2(Banggood提供でショップROM)はしっかり設定項目が存在しており有効にすることができました。

「2万円で購入可能なSnapDragon 820機」といえば今年初めにレビューしたLenovoのサブブランドZUK(近いうちにこのブランドが廃止されるという噂がありますが…)のZ2がありますが、あちらはCPUがハイエンドな分カメラと筐体の質感が若干「価格なり」になっている個所が見受けられ、同クラスのSoCであるHelio x27搭載機(UMI Z、Vernee Apollo、Elephone S7)もスピーカーの音質やカメラに関しては「価格なり」だったのですがLe Max 2の場合はすべてにおいて「日本で正式に販売されている有名メーカーの、7~8万クラスで売っているフラッグシップ端末」と同レベルの質感と性能を実現しています。

20170428_154352

筐体も中身もハイエンドそのもの。Freetel端末買うよりこっちのほうがいいよ!!

本来はLeEcoのスマートフォンは「楽視グループが展開しているインターネット動画配信サービスLeTVの契約ユーザー向けに安価に販売している」ものであり、端末の製造コストはおそらくLeTVの収益で回収しているものと思われるのですが、日本でもBanggoodやGearBestなどの中華ECサイトでLeTV契約ユーザー向けのものとほぼ同じ安価な値段で購入できてしまいます。

(ちなみにLeTV自体はデフォルトランチャーの「LIVE」アイコンをタップすれば日本でもプレビュー程度なら一応見ることはできます。ただし正式にサービスインしているわけではないので有料コンテンツを見たりそもそもLeEcoアカウントを作ること自体無理。)

昨年Le Max 2やLe 2が販売開始になったころはハイエンドで高品質な製品を提供していることから一部地域においてはXiaomi端末よりも売れており、注目されていたのですが、現在は楽視グループ自体がテレビメーカーのVizio社の買収に失敗したりいろいろと危ないことになってしまっているようです。

どうなっちまってるんだい中国LeEco。Vizio買収断念、米本社売却、解雇するにも退職金がない… : Gizmode Japan

原因はいろいろあるんでしょうが、LeEco社製スマートフォンがコンテンツサービスによる収益を狙えない日本などの地域でも安価に流れてしまっているからというのもあるような気がしなくもありません…

正直先月XPERIA X Compactからリプレースした銀河ちゃんS7えっちっちーは満足しているのですが動作パフォーマンス的にSnapDragon 820搭載機とは思えないような箇所もあり、Le Max 2のほうが全体的にぬるぬる動いているのもあってちょっとこちらにリプレースしようかどうか迷ってしまっています。どっちにしてもSIMなしPDA運用で使うのはもったいないんですよね…

とにかくめちゃくちゃ安価でありながら中身は最上位フラッグシップモデルと同等のLe Max 2は「価格はミッドレンジクラスがいいけど性能はハイエンドがいい!」というワガママハイスペックを満たしてくれる良端末となっています。あ、ワガママハイスペックってそういえば新作出るんですよね(何

関連リンク

LeEco Le Max 2 ー 「これ、2万円で買えていいんですか?」安価ながらすべてにおいて妥協のないハイエンドスマートフォン!(実機レビュー:かのあゆ): ウィンタブ

これ、どこがジャンク?SHARPの高性能ろりこんぱくと、Diseny Mobile DM-02H(ジャンク)をえらく安価に確保!

20170422_175327(1).jpg

秋葉原ゲオモバイルでは土日しか空かないジャンクスマートフォン専用コーナーという専用フロアが存在しています。

かつては通常のゲオモバイル店舗同様普通に通常中古白ロムと一緒にジャンクコーナーが存在したのですが、あまりにトラブルが多かったのか秋葉原店だけは土日・時間限定でオープンする専用フロアが設けられています。

近年ではGEOジャンク自体そこまでチェックしていなかったため、ジャンクブースが閉まる時間前くらいに余りものをチェックしに行く程度だったのですが、本日はちょうどウィンタブさんの記事のネタを探しに割と早い時間から秋葉に出向いていたため、GEOジャンクコーナーにちょっと早めの時間(午後5時半)に並んでチェックしてみることにしました。

ベースはAQUOS Compact SH-02Hのディズニーモデル

20170422_173124.jpg

目玉になるような端末は午前中の段階で売り切れになってしまった可能性はあるものの、かつてかのあゆがメインにしようとしていたGalaxy S4 SC-04Eが3,980円という個体が存在したり、タブレットではHuawei MediaPad M2 8.0をベースがもとになっているdTab Compact d-02Hが2,980円で販売されているなどそれなりに気になる商品は存在したものの、いまいち衝動買いする気にはならなかったのですが、よく見たらなんかどこかで見たことあるようなろりこんぱくと端末が…

よく見たら2016年春モデルとして投入された「AQUOS Compact SH-02H」をベースにディズニー仕様にカスタマイズした「Diseny Mobile DM-01H」が3,980円になってるではないじゃないですか!

当時本機と競合するのはXPERIA Z5 Compact SO-02H。スペックはヘキサコアのQualcomm SnapDragon 808、RAMは3GB、現在のろりこんぱくとXcちゃんと比べても魅力的なFHD IGZOディスプレイとろりこん端末好きには魅力的な端末!

Twitterによると先週からあったようでその時は値段が1万円に設定されていたようですが、なぜか売れ残っており価格も3,980円と2016年発表端末なのに狂ったような価格設定でコンディションも一見おかしいところはないので店頭に滞在できる残り時間が1分切った時点でレジに走って購入してしまいました。やっぱり漏れろりこんぱくと好きだなぁ…

20170422_182135.jpg

購入後充電してあげてからシステムを起動してIMEIを確認してみたのですがSIM差し運用も問題なしの〇判定。本当に何がジャンクなのかよくわからない価格設定だったのですが、よく見たら背面パネルに浮きが見られたためこれがジャンクに落ちた理由なのかもしれません。

一応もともと防水端末ですしこれはこれで致命的ではありますからね。ただケースをつけちゃえば気にならないですしそれ以外は特に気になるようなところはなく、そもそもイオシスでまともな同一端末の中古価格を確認したところいまだに39,800円程度で販売されているのを確認したのでアホみたいに安いです。

ただしベースになっているAQUOS Compact SH-02HはストックのAndroid 5.1.1からAndroid 6.0.1→Android 7.0へアップグレードされているのに対して本機はディズニーモデルという宿命かセキュリティアップデートと不具合修正は行われているものの、ストックのAndroid 5.1.1でアップデートが打ち切りとなってしまっています。なんでや!夢の国仕様ならNougat食わせてくれてもええやん!

とはいえ一応現在でもドコモショップでは(在庫処分扱いにされているとはいえ)現役で販売されている端末ですし、現在もXPERIA X Compactとmonoくらいしかこのサイズの端末は存在しないので非常に希少。なによりシャープがこのサイズの端末を出してくれたこと自体が奇跡みたいで非常にありがたく、オリジナルのAQUOS Compactは非常に気になっていただけに今回入手できたのは非常に非常にうれしいです。

実機レビューのほうは近いうちにこのブログで行いたいと思います。

 

おまけ:こちらはウィンタブさんでネタにしようと思ってますが同時に日本国内初のAndroid端末、htc Magic(あるいはT-Mobile MyTouch 3G)ことHT-03Aをじゃんぱらで500円で確保しています。こちらはウィンタブさんのほうでネタ記事にしようと思っています。これ初回セットアップにSIMさす必要あるんだよなぁ(白目)

関連リンク

docomo Disney Mobile DM-01H

今回は完食したよ!練馬「ラーメン 大」の油そば麺増量+アブラ+野菜増し食べてきたよ!!

ウィンタブさんのライターになってから特に二郎系ラーメンばかり食べているような気もしなくはないのですが…(汗

20170416_233828

昨日仕事帰りに何となく職場近くにあって気になっていた「ラーメン 大」練馬店に立ち寄って「油そば 麺増量+野菜増し+アブラ」を食してきました。

野菜増しにするともやしの量がとんでもないことになりますが油そば本体自体はそんなに量があるわけでもないので今回はちゃんと完食できました。ちょうどその時間帯は異様におなかが減っていたのもあるのですが…(苦笑)

20170416_234753

自分の場合何食べても「うまい」という感想しか出てこないのでアレなんですが、本当においしいですし麺増量でも880円(麺増量オプションが+100円で油そば自体は780円)なのでおなか一杯油そばを食べたいときはちょうどいいんじゃないかなぁと思いました。

関連リンク

ラーメン 大 ニンニク入れますか?

ろりPCではなくなったけど…ウィンタブさんでGOLE1 Plusのレビューを寄稿いたしました。

20170406_233859.jpg

ウィンタブさんにてHiGOLE社の8インチTVBOX端末、「GOLE1 Plus」のレビューを書かせていただきました。おそらくこの機種の国内レビューはウィンタブさんが初ということになるかと思われます。

「GOLE1」といえばどうしてもちんまい5インチサイズの初代のほうがUMPC好きとしてはインパクトがあって印象に残ってしまうため、発表当初はこんなネガティブ目な記事も書きましたが…

GOLE、GOLE 1の派生モデルとして8インチ版「GOLE 1 Plus」を投入へ。拡張性は相変わらず高いものの「GOLE1ならでは」らしさは薄れたか…

実際に触ってみると意外と快適でGOLEブランド製品らしい「面白い」製品になっていました。

ちょっと外で不通にタブレットとして使うには分厚い筐体なのでいろいろと注目されてしまうかもしれませんが、自宅で液晶付きのTVBoxとして運用する使い方はかなり面白いかもしれません。

もちろん6,000mAhと大容量になったバッテリーを搭載しているのでモバイル用途でも活用できます。通常の8インチタブレットと違いUSBポートを3つ搭載するなど拡張性の高さは通常のノートPC並みなのでいろいろ活躍してくれるんじゃないかなぁと。

そんなGOLE1 Plusですが、現在ウィンタブさんでは読者レビューを募集しています。

ウィンタブさんの記事にもありますが今回はかのあゆの私物であるmicroSDHCカード(バッファロー製、32GB)もお付けいたします。なお宝くじは当たってません(ぉ

20170416_125707.jpg

カードのほうはSD Assosiationsが提供している純正フォーマッター「SD Formatter」でローレベルフォーマット(上書きフォーマット)を行ったうえでお渡しいたします。

GOLE1 Plus自体内蔵ストレージが128GBと十分な容量を搭載していますがメディアの保存用やゲームのインストール先などいろいろと活用してもらえれば幸いです。

とにかくいろんな使い方ができる子なのでウィンタブ読者さんの「面白い」使い方を早く見てみたいというのが正直な感想だったりしますw

関連リンク

GOLE1 Plus ー あのGOLE1が8インチサイズに!意外に持ちやすいし、使いやすいよ!(実機レビュー:かのあゆ)

中国のミニPC「GOLE 1 Plus」の読者レビュアーを募集します。初心者も歓迎!そして面白い人歓迎!

*なお今回レビューの関係上Windows 10 Creators Update(Build 15063″Redstone 2″)は適用しておらず、ストックのWindows 10 Anniversary Update(Build 14393 “Redstone 1″)のまま端末初期化をかけています。

Windows 10 Mobile Creators Updateに正式にアップグレードできる機種は11機種のみ。日本国内向けSnapDragon 210/410系はAnniversary Updateでサポート終了

20170415_030246.jpg

ちょうどこの件に関してウィンタブさんで記事を書いていたのですが、Windows 10 Mobile Creators Updateに正式にアップグレード可能となる機種が確定となりました。アップグレード対象となるのは以下の機種”のみ”で、現在Insider PreviewでCreators UpdateのRTMビルドである15063を受け取れている端末もこのリストに入っていない機種は問答無用で打ち切りとなります。

  • HP Elite x3
  • Microsoft Lumia 550
  • Microsoft Lumia 640/640XL
  • Microsoft Lumia 650
  • Microsoft Lumia 950/950 XL
  • Alcatel IDOL 4S
  • Alcatel OneTouch Fierce XL
  • SoftBank 503LV
  • VAIO Phone Biz
  • MouseComputer MADOSMA Q601
  • Trinity NuAns NEO

正式発表以前にZDnetがMS関係者から確認したというリストそのままの内容ですね。

これで日本でも普及していたローエンドクラスのSnapDragon 210系、Windows Phone 8.1からのアップグレードという形でサポートされていたSnapDragon 410系はAnniversary Updateでアップデート打ち切りになります。

追記:一応Creators UpdateとしてはS210/S400のサポートを継続しており、同SoCを搭載したLumia 550/640&640XL、650(SnapDragon 212搭載)はアップグレード対象に入っています。

SnapDragon 617搭載機は日本にしか存在せず、これ以降の6xxシリーズは今後新規サポートされないため実質Windows 10 Mobileは今後SnapDragon 8xx系のみをサポートしていくことになります。

今後日本でハイエンドSoCを搭載したWindows 10 Mobile端末を一般ユーザー向けに積極的に展開していくとも思えず(ソフトウェア面でどうしても現状でもiOSやAndroidより劣ってしまう点や普及率などの観点から)、企業向け端末は今後登場する可能性も残されていますがNuAnsやVAIOがAndroid端末に移行してしまってる現状からみても再びWindows 10 MobileというOSにとってはあまりにも寂しい状況に逆戻りしてしまいそうな感じになってしまいました。

そもそもMicrosoftもLumiaシリーズを実質フェイドアウトさせている現状ですしRS3まではちゃんとリリースはするのでしょうがそれ以降はモバイル向けSKUを廃止してARM版(フル)Windows 10に統合するという未来もありえなくはない状況になってきました。本当に寂しい限りですがもはやMicrosoft自身からあまりWindows 10 Mobileに対する情熱を感じられなくなってる現状になりつつあります。

関連リンク

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16176 for PC + Build 15204 for Mobile : Microsoft